「MAKE MEGHAN GREAT AGAIN(メーガンを再び偉大にしよう)」……トランプ米大統領の選挙スローガンのパロディーのようだが、何なんだ、これは?

 英ニュースサイト「ロンドンTV」(10月26日付)などによると、英ブックメーカー(賭け屋)の「ラッドブロークス」が、ヘンリー王子(36)の米国人の妻、メーガンさん(39)が2024年の米大統領選に出馬して勝つかどうかの賭けをスタート。

 写真は10月26日、ロンドンで夫妻のそっくりさんを起用して行われたPRイベントだ。

 この企画、まったくリアリティーのないジョークではない。

 実際、10月初めには、米人気ドラマ「スーツ」のレイチェル役で大ブレークした女優でもあるメーガンさんが、24年の大統領選挙に出るのではないか、という憶測が流れた。ラッドブロークスの企画はそれを受けたものだ。

 オッズも悪くない。他の有名人では、オバマ前大統領のミシェル夫人が33対1、人気ラッパーのカニエ・ウエストが50対1、ビル・ゲイツが100対1、人気俳優のジョージ・クルーニーが100対1という状況で、メーガンさんはカニエと同じ50対1だ。

 万が一、実現したとしても、4年前にトランプが大統領になった時のショックのほうが大きいかも?