日本の子どもたちが、新たな新型コロナウイルス研究のヒントになるかもしれない。横浜市立大と東京慈恵会医科大の共同チームは18日、新型コロナにかかった子どもの血液を調べて、抗体の研究を始めると明かした。国内では、10歳未満の子どもが新型コロナに感染しても、重症化したり死亡した例がない。大人とは違う免疫機能を持っている可能性があるとして、16歳未満の子どもが調査の対象となった。

 子どもの抗体に特化した研究は、全国初の取り組みだ。なぜ、実現したのだろうか? 研究に携わる慈恵医大助教の飯島正紀氏(小児科)はこう話す。

「この調査には、コロナに感染した子どもの血液データが不可欠です。しかし、子どもは感染しても軽症で済むため、調査に必要な血液を持っている病院自体が少ないのが現状です。ですが慈恵医大は、コロナにかかった妊婦や親子入院を受け入れていたので、データとなる血液が蓄積されていました。さらに、調査に必要な資金は横浜市大が確保してくれたので、共同研究として実現できたのです」

 一方で、課題もある。より多くの血液データを集め、研究の精度を高めなければならない。また、研究がどのように応用できるかは現時点では分かっていない。まずは1年以上かけて、子どもが持つ抗体の動きをひもといていくという。いずれ、ワクチン開発などにも期待が寄せられるかもしれない。

 発表に対し、医学博士で作家の左門新氏はこう分析する。

「日本人は、コロナウイルスに対する“交差免疫”を持っています。交差免疫を持っていると、過去に得た免疫が、類似している別のウイルスにも有効となります。特に子どもは風邪をひきやすいため、コロナウイルスに対する交差免疫を保持している期間が長く、新型コロナをやっつけている可能性があります。ですので、コロナにかかった子どもの免疫だけでなく、交差免疫についても調べる必要があると思います」

 まずは両大学の共同研究に期待しよう。

(ライター・中川七海)