日本人の6割が感染――。米カリフォルニア州由来の新型コロナ変異株の解析結果が発表されてニュースになっている。

 カリフォルニアでは感染力が強いといわれる変異株が発見されている。今回、東大や熊本大など研究チームが解析したのは表面の突起に「L452R」という変異を持つコロナウイルスで、3月中旬の時点でカリフォルニアの感染者の56%を占めていた。日本ではすでに3月、沖縄県で1例見つかっている。

 東大などのチームが着目したのは「HLA(ヒト白血球抗原)」だった。これは白血球の血液型と呼ばれるもので、細胞実験の結果、その一種である白血球「HLA-A24」がL452R変異に対して免疫力が弱いことが分かったというのだ。実はこのHLA-A24は日本人の6割が持つ。そのことから、「日本人の6割が免疫効果が低くなる可能性がある」というのである。

 現時点で、L452Rの日本への侵入は沖縄の1例だけだが、これが日本中に広がったらと心配になってしまう。専門家はどう見ているのか。

「一口にHLAと言ってもたくさん種類があるのです」と解説するのはハーバード大学院卒で医学博士・作家の左門新氏(元WHO専門委員)だ。

「HLAは数万種類あります。今回はそのうちのHLA-A24がL452Rに対して免疫力が弱いことが明らかになったわけですが、これはまだ試験管の中の細胞実験の段階。人間の体の中でどんな反応が起きるかは分かっていません。新型コロナウイルスが侵入しても、HLA-A24以外の数多くの抗原が感染を防ぐ可能性もあります。もちろん、感染力が高まる可能性もあるでしょうが、単純に日本人の6割が感染リスクが高まるということはありえません」

 今回の発表ではL452Rによってワクチンの効果が下がる可能性も示唆されている。

「感染力とワクチンは別問題なので、ワクチンが効かなくなるとは断定できません。ただ、感染力が高まる可能性もあるかぎり、L452Rが国内に広まらないよう、これまで以上の十分な注意が必要。同時にワクチンの効果についても慎重に調べなければなりません」(左門新氏)

 変異株との戦いはまだまだ続く。