【受験戦線で要注意の新潮流】

「中学受験を主とする学習塾が、進学校にとって無視できない存在になったのは1990年代後半あたりから」と振り返るのは都内私立中高一貫男子校「御三家」の一角、麻布の元教師。

「かつては、学習塾の動向など、まったく気にしていなかった。というより、彼らと接点を持つこと自体、良しとしなかったのです」

 教職にある者の大半は学習塾に対し、住む世界が違うという意識が強かった。

「言い方は悪いですが、教育をビジネスにすることを汚らわしいとさえ思う先生も少なくなかったのです。自分たちもそれで生活している点では変わりないのですが」

 進学校に対して、大手の学習塾はさまざまなアプローチをかけてくる。交流することによって、貴重な情報を得るためだ。さらには、イベントやフォーラムに名門校の校長を招聘できれば、学習塾の信用度は一気に増す。だが、学校側がそうした誘いに乗ることは少なかった。面会すら拒むケースが多かったのだ。

 しかし、次第に双方の力関係に変化が現れる。「学習塾が中高一貫校の人気を左右するようになった」と話すのは、大手学習塾で進路指導にたずさわっていた元スタッフだ。

■持ちつ持たれつの関係

「90年代半ば頃から、中高一貫校の新興勢力が大学受験戦線で活躍しだすのですが、実はこれは学習塾が後押ししている部分が大きい。中学受験を目指す生徒たちに、どこが向いているか塾がアドバイスする。そうした時、普段から交流がある学校を勧めるケースが少なくない。一方、これから大学受験で伸ばしていきたいと考えている学校の側もまた、積極的に学習塾にアピールしてくるわけです。そうして、持ちつ持たれつの関係ができていくのです」

 これまで名門校にばかり集まっていた“出来る生徒”が新興校にも進むケースが増えてきたというのだ。学校側にとっては学習塾との交流がもたらした成果である。進路指導元スタッフは次のように続ける。

「持ちつ持たれつといっても、癒着というのとはちょっと違う。情報をたくさん得られている学校については、そこに合わせたテストや授業を組みやすい。そうしたコースを受講した生徒には当然、その学校を勧めることになります。逆に、まったく接点がない学校については、対策を十分に立てられないため、生徒に積極的に勧める場面が格段に減ってしまうのです」

■少子化で古豪の名門校群も危機感

 新興勢力が伸びていく中で、危機感を持ったのが古豪の名門校群だった。少子化が加速する中で、出来る生徒をより多く集めたいのは名門校も一緒だった。

「世紀が変わる頃から、学習塾とのつきあい方も変化した。こちらから積極的にアプローチすることがないのはこれまでと一緒ですが、向こうから来た時は対応する。方針転換もやむなしとの判断に傾いたのです。そのあたりは開成も同様だったようです」(麻布・元教師)

 開成と麻布が渋々ながらも「長いものには巻かれろ」という姿勢に変わったのに対し、もう一校の御三家である武蔵は頑なだった。

「歴代の校長は人格者が多いのですが、学習塾とのつきあいなど、する必要がないという人ばかりだった」と話すのは学校法人根津育英会武蔵学園の関係者。

「そのせいとばかりは言えないのでしょうが、徐々に学校の偏差値は落ち、大学受験実績も今ひとつの状態におちいってしまった。そのおかげで、古いOBたちからは『武蔵はどうしてしまったんだ』と突き上げを食らっています」

■長いものに巻かれようとしなかった武蔵

 かつて東大合格者数トップ10の常連だった武蔵だが、99年の7位(64人)を最後に、以降はずっとランク外。ここ5年を見てみても、2017年32人、18年27人、19年22人、20年21人、21年28人と、昔の栄光時代を知る者にとっては物足りない結果が続いている。

 閉塞する状況を打破すべく、19年4月に校長として招聘したのが埼玉県立浦和高校で13年4月から18年3月まで校長を務めた杉山剛士氏だった。浦和高校時代は同校出身の佐藤優氏(作家、元外交官)と対談するなど、積極的に学校のアピールに努めた。

「杉山さんは武蔵OBですが、とてもフレキシブルな考えの持ち主。武蔵の校長に就いてからは、SAPIX小学部が協賛するフォーラムで講演するなど、学習塾とのつきあいもいとわない。こうした効果が現れるのは数年後でしょうが、必ずいい結果に結びつくと信じています」(学校法人関係者)

 ますます存在感を増す学習塾。どこか本末転倒のような気がしてならない。

(田中幾太郎/ジャーナリスト)