1774年の設立から男性会員だけというスコットランドの名門コース、ミュアフィールドが女性会員を認めることになった。

 女性を差別しているとしてメジャーの全英オープン会場リストから除外されていたが、これで復帰することになる。

 そこで注目されるのが2020年東京五輪のゴルフ会場問題で揺れる霞ケ関カンツリー倶楽部だ。

 同倶楽部も女性正会員を認めておらず、IOCから女性正会員を認めてほしいと要請されているからだ。

 これまで会員向け説明会がクラブハウス内のパーティールームで3回開かれ、毎回100人ほど出席している。

「説明会では2012年に五輪会場として開催できるか、都の準備委員会から問い合わせがあったことや、2月になってIOC、JOC、IGFから女性会員を認めてほしいとの要請があったことを報告。要請を受け入れないリスク、受け入れるリスクが会員に伝えられました」(説明会出席の正会員)

 要請を受けなかった時のリスクは、五輪会場にならない、世界から閉鎖的な倶楽部とみられてしまう。また、公益目的として内部留保金の使い道が限られてしまう。そして今後、日本オープンなどJGA主催競技ができない可能性が出てくる、などだ。

 一方、要請を受け入れた時のリスクは、外部圧力に屈し倶楽部の評価を下げる。もっとコースを開放しろという要求が出てくる可能性がある、などだ。

「会員の意見は賛否両論ですが、だいたい吸い上げたということで今後の流れは理事会の決議事項になると思います。定款の中の、細則にある“正会員は男性に限る”という文言を削除するかどうかです。ただ、IOCからは回答期限は設けられていないようで、次の理事会がいつ開催されるかは不明です」(前出の正会員)

 もっとも女性正会員を認めれば東京五輪会場としてOKかといえば、「難しい問題をいくつも抱えている」とゴルフジャーナリストの小川朗氏がこう指摘する。

「まず熱暑対策。倶楽部のメンバーですら真夏の大会開催は危険と指摘して、ずっと反対の声を上げている。そればかりか選手村から川越までの輸送問題もある。高速道に専用レーンを設けるそうですが、その費用は多大になると予想されている。もちろんゴルフ場への休業補償費が発生する。さらに問題なのは、正式種目にまだ決まっていませんが、バリアフリーの関係でパラリンピックには名乗りを上げていないことです。レガシーとしても問題ありでしょう」

 霞ケ関での五輪開催には、まだひと波乱もふた波乱もありそうだ。