かつての奪三振王が見る影もない。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が精彩を欠いている。

 18日(日本時間19日)のマリナーズ戦は5回5失点で5敗目(6勝)。防御率は3.35とまずまずながら、ここまで15試合(計94回)に投げ、奪三振数は99。ア・リーグ3位の奪三振数だが、トップのレッドソックス・セール(136個)、2位のレイズ・アーチャー(122個)の2人に大きく引き離されている。2013年に最多奪三振(277個)のタイトルを獲得した剛腕も、今季のスコアブックには「K(三振)」が少ないのだ。

 15年3月に受けた右肘手術から完全復活を果たしたといわれるが、奪三振数の激減は依然として患部に不安があるからか。

「むしろ、右肘の状態が万全なことが逆効果になっているのではないか。今季のダルはオフに肉体改造したこともあり、ストレートへのこだわりが強く、追い込んでからでも直球を投げるケースが目立ちます。パワーピッチャーを意識しているのか、相手打者との3巡目の対戦に入っても配球パターンを変えません。今季のダルが突然崩れるのは、ストレートに頼った単調な投球だからです」(JスポーツのMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

 実際、今季のダルの投球は極端だ。米国の野球専門データサイト「ファングラフス」によれば、直球の割合が全体の49.5%と高く、武器であるスプリットはわずか0.1%に過ぎない。

「直球だけで抑えられないのは本人も分かっているはずなので当然、今後は従来通り、変化球を織り交ぜてくるでしょう。配球パターンが変われば、相手打者を惑わせるだけに、勝ち星は付いてくると思う。シーズン序盤の直球主体の投球が今後は生きてくるはずです」(三井氏)

 これからシーズンを追うごとに良くなっていくというのだ。