「ドラ1の扱い方としては軽いんじゃないか」

 阪神のドラフト1位・大山悠輔(22=白鴎大)について、チーム周辺ではこんな声が出ている。

 18日の楽天戦で初の一軍昇格を果たした大山は、試合前の守備練習で本職の三塁だけでなく外野にも入った。金本監督のアイデアで二軍では、ウエートトレでの体づくりと並行し、試合では遊撃や一塁、さらにはアマ時代にも経験がない外野にも挑戦。三塁手として限定せず、さまざまな可能性を見いだそうとの考えもあるのだろう。だが、大山はまがりなりにも将来の中軸候補として単独1位指名した大型内野手。いくら何でもポジションをたらい回しにしすぎではないか、というのである。

 阪神は「複数ポジション」がブームのようになっている。外野手の中谷などは一塁や三塁の経験を積むことで出場機会が増え、成長を見せた。金本監督自身、複数ポジションを守れる方が試合に出る機会が多くなると考えていることもあって、二軍では左アキレス腱断裂から復帰を目指す32歳のベテラン西岡が遊撃や外野に挑戦し、昇格をアピール。本職が三塁と一塁の助っ人キャンベルまでもが外野に取り組んだ。

 評論家の福間納氏が言う。

「戦力不足で大山の手も借りたいというならまだしも、阪神は2位をキープし、戦力は充実しつつある。内野は三塁が鳥谷、一塁は原口と中谷が争い、二遊間には上本、糸原と北條、大和がいる。外野も糸井、福留、高山がいて、俊介も虎視眈々とレギュラーを狙っている。大山は、外野だったら福留の休養日の代役くらいしか出る幕はない上、外野守備は一朝一夕でできるようになるものではない。7年目の中谷のように芽が出なかった選手にいろいろやらせるのはわかるが、大山は新人です。経験がない外野まで手を広げることで迷いや不安が生じる恐れもある。二軍で本職の三塁に固定し、鳥谷の後継者としてじっくりと大きく育てるべきでしょう」

 大山は二軍では49試合に出場、161打席で打率・232、1本塁打、14打点。ドラ1新人として少々物足りないのは、たらい回しの影響なのか……。