ロシアで開催されている「コンフェデ杯」ドイツとオーストラリアとの一戦(日本時間20日午前0時キックオフ)は、ロシアW杯アジア最終予選を戦っている日本代表にとって見逃せない戦いである。

 8月31日、日本は埼玉でオーストラリアとW杯最終予選を戦うが、この試合に「勝てばロシア行きが決まる」。大一番を控え、戦力分析などの絶好のチャンスなのだ。

 試合は、序盤から若手主体のドイツがペースを握り、開始5分に先制ゴールを奪った。防戦一方のオーストラリアは前半41分、MFロギッチが左足で同点ゴール! しかし、3分後にドイツにPKを献上。後半3分にも失点して1―3とリードを広げられた。それでもオーストラリアは後半11分、身長190センチFWユリッチのゴールで1点差に追いすがり、終盤には37歳ベテランFWケーヒルを投入して勝負に出たが、若くても老練なプレーを抜け目なく発揮したドイツが逃げ切った。

■フィジカルとポゼッションが“どっちつかず”

「日本はオーストラリアとW杯予選、本大会で8試合を戦って0勝3敗5分けと大の苦手にしている」と前置きして、元サッカーダイジェスト誌編集長の六川亨氏が言う。

「オーストラリアの持ち味は、強靱なフィジカルを前面に押し出しながらファイトするところ。ところが最近、ボールポゼッション(支配率)を高める戦術にシフトしており、逆にオーストラリアの良さがスポイルされている。この日のドイツ戦でも、劣勢なのにボールをつなごうという意識が強過ぎ、それがスコアに反映した。オーストラリアは難敵に違いないが、フィジカル主体の戦い方とポゼッション重視の戦術が“どっちつかず”になっている現状は、日本にとってプラスと言える」

 そう言えば……と六川氏がさらに続ける。

「昨年10月、敵地でのW杯最終予選オーストラリア戦を取材。1―1のドローに終わったが、試合後の会見でオーストラリアの監督と主将が『我々は蹴るだけのサッカーではない。きちんとボールをつなぐ戦いもできるようになった』と胸を張っていた。当時から総合的にレベルアップしているとは言い難く、この傾向は日本に好材料です」

 8月の一大決戦。日本に勝機あり――なのだ。