阪神の西岡(32)が17日の広島戦で左アキレス腱断裂から1年ぶりに復帰。プロ初の一塁でスタメン出場した。

 1打席目の初球にいきなりセーフティーバントを仕掛けると、3打席目に初安打。球場のファンは大いに盛り上がった。一塁守備ではゴロをポロリとやって慌てる場面があったが、失策はゼロ。無難なグラブさばきを見せた。

 金本監督が「新しい風というか雰囲気を変える存在が欲しかった」と話し、チームの起爆剤として期待される西岡は、二軍では一軍の指示もあって一塁以外に遊撃、左翼など複数のポジションを守り、出場機会を待っていた。手術歴のある右肘に古傷を抱えており、長い距離の送球が求められる遊撃や外野で出場し続けることは難しいのだが、一塁には緊急補強した新助っ人のロジャース(29=パイレーツ3A)が控えているから厄介だ。

 一方でチーム周辺には「西岡に一塁レギュラーのチャンスはある」との声もある。先日、一軍練習に合流したロジャースについて金本監督は「体ができてないみたい。もう少し、スイングのキレ、体のキレが戻ってくるまで」と二軍調整を決定した。

「来日まで多少のブランクはあるとはいえ、3Aでプレーしてきたワリには動きが鈍いという印象だった。金本監督は後半戦に向け、『とにかく打ち勝つこと』と言っている。いずれロジャースは一軍昇格するが、長打をバカスカ打つならまだしも、大した成績を残せないようならムードメーカーの役割も担うことができる西岡が一塁を守るという選択肢もある」とは、ある阪神OBの意見だ。

 西岡は自身のSNS・インスタグラムで「僕が計画している復活劇はかなり高いところに設定している」とやる気マンマン。西岡と助っ人の一塁バトルに注目だ。