よくもまぁ、次から次に出てくるもんだ。

 今年の全米女子オープンゴルフは、韓国のパク・ソンヒョン(23)の逆転優勝で幕を閉じた。韓国選手の頂点は、1998年の朴セリから数えて9度目。直近10年では7度目の制覇になる。もちろん日本選手の優勝はなく、メジャー優勝は77年の樋口久子が最後だ。

 今大会で上位にきた韓国選手の年齢を見ると、トップ10入りした8選手に30代以上はいない。それどころか、2位に終わったアマチュアのチェ・ヘジンはまだ17歳。このアマを含めて25歳以下は4人。トップ20まで広げると7人もいる。韓国勢は強いだけでなく、若手がどんどん育っているのだ。

 9人が出場した日本勢は予選通過が3人。日本のテレビ局は、今季で引退する宮里藍(32=41位)のプレーを長々と放映していたが、韓国選手との実力差は歴然だ。米ツアーを主戦場とする横峯さくら(31)と宮里美香(27)もサッパリ。今大会直前の試合で6位に入った上原彩子(33)のトップ10入りは6年ぶり。上原は全米女子OPの出場資格さえなかった。ツアー1年目の畑岡奈紗(18)は予選通過にさえ苦労しているのが現状だ。現在米ツアーで優勝できるだけの力を有するのは、今大会33位で母親が韓国人の野村敏京(24=米通算3勝)のみだ。

■日本でも韓国旋風は続く

 全米女子OPをテレビ観戦した並木俊明プロが日韓選手の違いについてこう言う。

「韓国選手はみんなスクエアグリップでスイングにクセがない。トップのおさまる位置がいつも同じでスイングプレーンもシンプル。手を使わず体の回転で打っているのでインパクトの再現性が高い。このスイングなら、腰が止まらなければ大きく曲げることはない。どんな時にも表情を変えない気持ちの強さも韓国選手の特徴です。同週に国内で行われていた女子の大会では、上位争いしている日本選手でもボールを曲げるし、ミスをするとふてくされたような表情を見せる。これでは世界の舞台で勝負になりません。スイングに話を戻せば、韓国選手はゴルフを始めた時に教わる指導者がいいのです。成長に伴い、自分に合わないと思えば次のコーチを探す。この点は日本の女子プロも学ぶべきです」

 国内ツアーで人気のイ・ボミ(28)やキム・ハヌル(28)は、米国で通用しないと諦めて日本でシコシコ稼いでいるわけだが、日米とも韓国旋風はまだまだ続く。ゴルフマスコミはアン・シネ(26)ばかり追いかけるのではなく、世界で通用する選手を育成できないプロやアマ団体の尻をたたくべきだ。