違法賭博による出場停止処分から国際大会復帰を果たしたバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(22)。

 先のカナダ・オープンでは決勝に進出。常山幹大(21)との日本人対決に敗れて国際試合初戦は準優勝に終わった。今後は国際大会でのポイントを稼ぐため海外の大会に自費で転戦するという。

 桃田は、日本代表選考会を兼ねた全日本総合選手権(11月開幕)が当面の目標となる。男女各種目とも、原則として同選手権で2位以内に入れば、日本代表に内定するが、桃田にとっては厳しい組み合わせになりそうだ。

 同選手権は日本ランキング上位4人がシードされる。現在、日本ランキング5位の桃田はノーシードでの出場が濃厚で、先のカナダ・オープンで敗れた常山(日本ランク4位)や5月の国内復帰戦日本ランキングサーキット決勝で苦戦した上田拓馬(28=同3位)らの上位陣と、大会序盤から対戦する可能性がある。

 日本ランキングは過去52週分のポイントで決まる。5位桃田(21万5000)と4位常山(26万500)のポイント差は4万5500(7月2日現在)。桃田はポイント数の高いスーパーシリーズ(SS=優勝で1万1000ポイント)には出場できないため、今回のカナダ・オープン(5000ポイント)のように、世界のトップが集うSSより格下の大会でポイントを稼ぐしかない。

 仮に格下大会で優勝を重ねても、常山も国際大会でポイントを稼げば、その差は縮まらず順位の変動はない。桃田はノーシードで全日本総合に臨むことになる。

 元世界ランク2位の桃田は4万〜5万ポイントの差に泣くかもしれない。