妥当なオッズではないか。

 20日に開幕する全英オープンゴルフ(ロイヤルバークデールGC)に出場する世界ランク(WR)2位の松山英樹(25)は、18日に発表された米ツアーの公式サイトによる優勝候補予想の「パワーランク」で6位に挙げられた。1位から5位までは以下の通りだ。

?J・スピース(23・米国=WR3位)

?D・ジョンソン(33・米国=1位)

?S・ガルシア(37・スペイン=5位)

?R・ファウラー(28・米国=10位)

?J・ローズ(36・英国=12位)

 松山は6月の全米オープン2位タイの成績で、WRはD・ジョンソンに次ぐ2位に浮上し、そのポジションをキープしたまま全英に臨むわけだが、優勝予想は6位評価となった。

■分析結果と経験不足

 しかし、賭け屋の見る目はもっとシビアだ。英国最大といわれるブックメーカーの「ウィリアムヒル」の松山の優勝オッズは23倍で9番手。このブックメーカーはD・ジョンソンが15倍でトップ。2位は17倍のスピースとファウラーが続く。

 全米OPの松山は、日本ゴルフ界悲願のメジャー優勝にもう一歩というところまで迫ったことで、ファンもマスコミも全英に大きな期待を寄せているが、松山は今季のメジャーでは初日の出遅れが目立ち(マスターズ54位、全米OP82位)、パットも安定しない。

「米ゴルフマスコミは、優勝争いと関係のない最終日に好スコアを出して上位フィニッシュしても評価しません。松山の全米オープンのプレー内容を冷静に分析したら優勝争いはしていなかったと見ている。ブックメーカーのオッズ担当者も同じでしょう。だからWR2位でも優勝予想のオッズは高く(低評価)なるのです」(米ツアー記者)

 今年の舞台となるロイヤルバークデールGCは1889年に開場された名門コース。重い強風に、狭くて深いポットバンカー、リンクスでは少ない起伏のあるグリーンは、全英の開催コースとしては屈指の難易度を誇る。前回大会(08年)のP・ハリントンの優勝スコアは3オーバー。予選カットラインは9オーバーだった。優勝予想の「専門家」たちは世界2位といえども、経験不足の松山が優勝する可能性は、6〜9番手がいいところと見ているのだ。