弱い大関として長らく沈殿し、一瞬の輝きで辺りを照らすも、徐々に徐々に火は小さくなり……。だが、それも一つの相撲人生だ。

 大関時代の昨年1月場所は、琴奨菊(33)にとってまさに絶頂期だった。初日から白星を重ね、モンゴル人3横綱をも撃破。14勝1敗で初めて悲願の賜杯を手にした。2006年栃東(現玉ノ井親方)以来となる日本出身力士の優勝は、長らくモンゴル勢に土俵を席巻されていた角界の明るい話題となり、ファンにも「まだまだ日本人力士も捨てたもんじゃない」と希望を抱かせた。

 ところが、綱とり場所となった翌3月場所は8勝7敗。元のダメ大関に戻ってしまい、7度目のカド番だった今年1月場所で負け越し、関脇に転落。たった1年で天国と地獄を味わった。現在は小結だが、すでに両ヒザはボロボロ。得意のがぶりも通用せず、組み止められてすくい投げを決められる相撲が目立つ。このまま相撲を取り続ければ、平幕、そして十両へと陥落するのは時間の問題だろう。

 大関としては11年11月場所の昇進から陥落するまでの32場所で、2ケタ勝利はたったの9回。ちまたでは「クンロク大関」どころか「ハチナナ大関」と揶揄されていた。

 そんな大関だからこそ、輝きも一瞬だったのか。初優勝後に結婚、新妻を連れてイベントやテレビに出まくるなどはた目にもわかるハシャギっぷり。稽古をおろそかにしたのだから凋落も当然という見方もある。

 しかし、角界には擁護の声も少なくない。ある部屋関係者は「すべてわかった上で、浮かれるままに浮かれていた」と、こう続ける。

「頭から突っ込む低い立ち合いとがぶり任せの不器用な力士。ケガも年々悪化していった。2場所連続優勝で横綱昇進なんて無理、むちゃな話だということは本人が一番わかっていた。だからこそ、一生に一度の機会を楽しもうと思っていたのではないか」

 どこかで潔く引退するのか、それともブザマでも相撲を取り続けるのか。後者ならファンからの非難は避けられないが、いずれにせよ、琴奨菊自身が選ぶ相撲人生だ。

▽ことしょうぎく・かずひろ
●本名は菊次一弘
●1984年1月、福岡県柳川市出身
●180センチ、178キロ
●最高位は東大関
●酒は一滴も飲めず。仕切りの際に上体を後ろに大きく反らす「琴バウアー」が名物