あっさりと記録を塗り替えた。

 21日、横綱白鵬(32)が厳しい相撲で新大関の高安を一蹴し、歴代単独トップの通算1048勝を達成。早ければきょう22日にも39度目の優勝が決まる。

 取組直後のインタビューでは、「満足しています。口にしていればかなうもんだなと」と満面の笑みを見せた白鵬は、大相撲の主な記録をほとんど塗り替えた。通算1048勝はもとより、幕内に限った通算954勝も歴代1位。優勝38回、全勝優勝13回は群を抜いており、7場所連続優勝もトップタイだ。大横綱・双葉山の69連勝には届かなかったが、こればかりはもはや無理だろう。

 そんな白鵬もついに日本に帰化すべく動いているという。これまでは国籍を変更せずに親方になる道を模索していた。ただ、親方になるには日本国籍が必須。白鵬はすでに永住権を取得しており、「国籍がなくても……」と思っていたのだろうが、相撲協会の断固とした反対もあり、国籍取得の準備に踏み切ったというわけだ。

■義父は「四国の山林王」

 しかし、そこは野心の強い横綱だ。単なる親方で満足する器ではない。最終的な目標は外国出身力士初となる日本相撲協会の理事長の座だという。

 白鵬は現在でも「もの言う力士」として知られている。相撲人気と共に増加している巡業数が力士に負担になっていることや、1部屋1人の外国人枠撤廃などをメディアを通じて訴えてきた。

 11年の八百長騒動の際に数人のモンゴル人力士が処分されたことにより、「次の場所をボイコットしよう!」と、同郷の力士に呼びかけたこともあった。

 普通に考えれば過去に前例のない外国出身力士の理事長就任など不可能に等しいが、白鵬の野望の源泉となっているのが、巨大なバックだ。角界事情通が言う。

「白鵬の奥さんは日本人で、彼女の父親、つまり義父が『四国の山林王』と呼ばれるほどの大金持ちだそうです。徳島出身で県内の山林を中心に、莫大な不動産を所有している。それだけでもカネはうなるほどあるうえ、大手企業もタニマチについている。名古屋場所では毎年必ず、地元のトヨタの重役が稽古見学に訪れるのが恒例です。白鵬は以前、『銀座にガラス張りの相撲部屋を持ちたい』と豪語していたが、ホラでも何でもないでしょう。独立して部屋を持ったら、『一体、どれほどの大物が後援会長になるのか』といわれている」

 今後は20年東京五輪での土俵入りを目標に、現役を続けるという白鵬。その野望はとどまるところを知らず、だ。