21日のDeNA戦で先制した3点を守り切れず、延長十二回の末に引き分けに終わった巨人。右手にケガを負って訪れた病院で、酒に酔って扉を破壊し、警備員に暴行を働いた疑いがある巨人の山口俊(30)は、球団の指示で練習を自粛しているため、この日も姿を見せることはなかった。

 病院、警備員から被害届が出され、警視庁が捜査中。2015年の野球賭博事件以来、巨人と親会社の読売が最も重視している「コンプライアンス」の重大違反だけに、上層部はもちろん、現場のユニホーム組だって怒っている。

 特に失望しているのは村田真一ヘッドコーチ(53)ではないか。交流戦後に巻き返しのポイントとして「打線強化? いや、大事なのはやっぱり先発投手よ。山口(俊)が1枚入っただけで、かなり大きい。あの安定感はこれまでの投手とはえらい違いや」と右肩痛で出遅れながら、6月に巨人デビューを果たし、いきなり1勝を挙げたこのFA右腕を絶賛。借金生活にあえぐチームが浮上するためのキーマンに指名していたからだ。

「山口俊はここ3試合の失点が3、6、6でKO続き。チームにとっては離脱しようが痛くもかゆくもないという声もある。しかし、球宴明けで後半戦が始まったばかりのこのタイミングでいなくなったことで、いきなり先発ローテーションの再編を余儀なくされた。FA加入した今季は右肩を痛めてキャンプは三軍スタート。チームに溶け込む時間が少なかったため、そもそも味方が少ない。そんな中で、せっかく期待してくれる首脳陣の信頼を裏切ったわけです」(チーム関係者)

 先発陣が駒不足に陥った巨人はこの日、代役として大竹を一軍に合流させた。今季10試合の登板で4勝4敗、防御率5・03。二軍調整が続いていたが、23日のDeNA戦に登板させなくてはいけなくなったのだ。

 温厚な長嶋終身名誉監督にも「ああいうことをしてはいけない。まずいことだよな」などと苦言を呈された山口俊。首脳陣、ナイン、全ての関係者を裏切り、今後は四面楚歌になることが予想される。仮に許されたとしても、復活への道は険しそうだ。