「金本監督はここからが正念場だ」

 こう言うのは、さる阪神OBだ。

 阪神は23日のヤクルト戦で、先発のメッセンジャーが8回無失点と好投するなど5―0で快勝。貯金7で単独2位をキープした。25日からは甲子園で3位DeNAとの直接対決を迎える。前出のOBがこう続ける。

「阪神は毎年、夏場以降にヤマが来る。8月の『死のロード』と、毎年失速傾向にある9月が控えているからだ。昨年は8月に11勝14敗と負け越し、9月は9勝9敗。一昨年は8月こそ13勝12敗も、9月は9勝13敗1分けと負け越した。14年はCSで巨人に勝利して日本シリーズに進出しているが、阪神は最後のひと踏ん張りに欠ける傾向がある。糸井、糸原、そしてセットアッパーのマテオとケガ人が相次いでいるし、ベテランの福留、西岡に負担がかかる状況になっているのは不安材料ではある」

 23日現在、阪神は首位の広島と9ゲーム差で優勝は厳しい上に、4位の巨人とは6ゲーム差。今季は5月に一時的とはいえ首位に立ったし、貧打解消に新助っ人のロジャースを緊急補強した。

■若手の停滞、生え抜き監督待望論も

 阪神はただでさえ熱狂的なファンやマスコミを抱えている。DeNAや巨人に競り負けてBクラスに転落するようなら、金本監督の進退問題に発展する可能性はないのか。

「球宴期間中に坂井オーナーが金本監督に来季続投を要請しており、来季も99%は金本阪神でいくでしょう。しかし、問題は残りの1%です」

 とは、別の阪神OB。

「就任当初から若手育成を掲げる中で、今のところ芽が出てきたといえるのは中谷くらい。北條、原口、高山はむしろ停滞していて、福留らベテランとメッセンジャーら助っ人頼みなのが現状で、若手たちが来年、花を咲かせる雰囲気が見受けられないのです。勝てないだけならまだしも、育成もおろそかになっていれば話は違ってくる。球団や本社内部には生え抜き監督待望論もあり、金本監督の足を引っ張る材料になりかねません」

 監督の任期はあってないようなもの。まだまだ安心はできないようだ。