7月末の締め切り間際の駆け込みトレードだ。

 ヤクルトと日本ハムは24日、杉浦稔大(25)と屋宜照悟(28)両投手のトレードを発表した。

 杉浦は2013年ドラフト1位でヤクルトに入団し、通算33試合で6勝8敗、防御率4.95。今季は中継ぎとして5試合に登板したが、4月に右肩痛のため登録抹消。今年1月には「モーニング娘。」出身で元テレ東アナの紺野あさ美さんと入籍していた。

 一方の屋宜は、JX―ENEOSから12年同6位で日本ハムに入団。5年間で通算21試合に出場、3勝0敗、防御率5.16。ここ2年は一軍登板がなかった。

 杉浦は日ハムの地元・北海道出身。今は右肩のリハビリに専念しているが、先発でも中継ぎでも使える。すでに来季続投が内定している栗山監督は将来性を買ったというから、来季を見据えたのだろう。

■屋宜は「球筋がいい」

 一方の屋宜は今季、二軍でリリーフとして27試合に登板。某球団編成担当は「ヤクルトは掘り出し物を手に入れたかもしれない」とこう続ける。

「屋宜は一軍実績が乏しく、宮西、増井らリリーフ投手の層が厚い日ハムでは出番に恵まれなかったが、他球団に行けばすぐに使えるともっぱらだった。多少、勝負球が甘く入るケースもあるが、理にかなった投球フォームだし、何より球筋がいい。状態がいい時はボールが打者の手元でもうひと伸びする。1イニングのリリーフ登板で打者が手も足も出なかった場面を見たこともあります」

 ヤクルトOBはこんな見方をする。

「長く選手の面倒を見る傾向があったヤクルトとしては、13年ドラフト1位で、しかも在籍3年半の投手を放出することはドラスチックな決断です。しかも、杉浦はケガでリハビリ中であり、新婚で奥さんが妊娠を発表したばかり。最下位低迷という緊急事態であるとはいっても、杉浦の放出にナインは仰天。『これは対岸の火事ではない』と危機感を抱いていると聞きました。チームの雰囲気を引き締める意味でも、プラスに働くかもしれません」

 杉浦は復活を期して今後もリハビリを継続、屋宜は入団早々からフル回転となりそうだ。