競泳男子のエースのひとりが、まずは1個目のメダルを手にした。

 水泳の世界選手権は26日、男子200メートルバタフライ決勝を行い、瀬戸大也(23)が1分54秒21で銅メダルを獲得。同種目ではこの大会初の表彰台に上がった。

 昨夏のリオ五輪銀メダルの坂井聖人(22)は1分55秒04で6位に終わった。

 瀬戸は「落ち過ぎてスローペースになってしまった」と振り返った通り、前半は優勝したチャド・レクロー(25=南アフリカ)に後れを取った。それでも持ち味である力強いフォームは崩れることなく、最後の50メートルで追い上げて3位でフィニッシュした。

 レース後の瀬戸は「前半をもう少し速く入りたかった。もうちょっと攻めれば良かったかな。結果は3位でも、しっかりメダルを取れたのは良かった」と笑顔を見せた。

 この200メートルバタフライはリオ五輪でもメダル取りが確実視されながら、決勝で1分54秒82で5位。1分53秒40で銀メダルを獲得した早大の後輩である坂井に屈した。レース後には後輩の健闘を笑顔で祝福したが、得意とするバタフライでメダルを逃した悔しさから、当日は選手村で食事も喉を通らないほどの落胆ぶりだったという。

 リオ五輪から約1年。瀬戸はブダペストで雪辱を果たし、得意種目で念願のメダルを手に入れた。

 なお、この日の男子200メートル個人メドレー準決勝で萩野公介(22)が1分56秒04の全体2位、瀬戸が1分56秒92の同5位で27日の決勝進出を決めた。

 萩野は「あしたが本当の勝負。集中して自己ベストを狙いたい」と瀬戸との一騎打ちが予想されるレースを見据えた。

▽坂井の話「挑戦者と思って臨んだが、前半からスピードが出ていなかった。情けない気持ちで、反省点がたくさん見つかった」