打者として精彩を欠いていた日本ハムの大谷翔平(23)が、約3カ月半ぶりの本塁打を放った。

 26日のロッテ戦。1点リードの八回、この回先頭の大谷の放った一打は右翼場外の森へ飛び込む特大の3号ソロ。「(感触は)良かった。ここからの方が大事だと思う」とは試合後の本人だ。

 前日までの5試合は17打数2安打の打率1割1分8厘。21日の西武戦はスタメンを外れて代打出場、その後、2試合は欠場していた。これまでサッパリだった打撃はようやく上向きの兆候が見えたものの、肝心の投げる方はどうなっているのか。

■今後は投手としての練習を優先

 前回登板は前半戦最後のオリックス戦(12日)。先発して1回3分の1を2安打3四球4失点と散々で、ストライクが入らずに汲々とするひと幕もあった。

「12日の先発は完全な見切り発車。ブルペンでの投げ込み不足は百も承知のうえで、まずは実戦で様子を見たいという栗山監督の要望だったと聞いています」と、日本ハムOBがこう続けた。

「けれども、見るも無残な結果に終わり、投手としてきちんと段階を踏んだ調整をさせる方向に舵を切った。つまり投手としての練習を優先させるということでしょう。22、23日と欠場したのは、おそらく投手としての調整に専念したからです。下半身を鍛え直し、ブルペンでの投げ込みをしっかりやることになったといいます。少なくとも今週末まで実戦復帰の予定はありませんが、それ以降は実戦の中で徐々にペースを上げていく。最初は1回、次は3回、そして5回と少しずつ投球回数を増やしていくようです。8月上旬から実戦で投げていくとすれば、先発として通常の投球ができるようになるのは8月下旬から9月上旬だと思いますね」

 日本ハムはすでにペナントレースから脱落。来季以降に目を向けていて、2年目の上原健太(23)や4年目の白村明弘(25)らの若手を先発で起用している。大谷を徐々に投球回数を増やしていくオープン戦のような使い方をしたところで周囲の抵抗はない。

 かくして大谷の二刀流は今季中に復活するというのだが。