Jリーグ史上最高年俸助っ人が、文字通り「最高」の滑り出しである。 J1神戸入りした元ドイツ代表FWポドルスキ(32)が、29日のホーム大宮戦の後半4分に強烈左足ミドルシュートを放って先制。同点に追い付かれた2分後の17分には、右サイドからのクロスに好反応し、大宮DF2人に挟まれながらタイミング良くジャンプ。見事なヘディングで決勝ゴールを叩き込んだ。

 ドイツ代表通算130試合出場・49得点のポドルスキは、年俸6億円で神戸に移籍した。

 ?C大阪・フォルラン5億円?名古屋リネカー3億円?C大阪カカウ3億円?東京Vエジムンド3億円?神戸イルハン2億5000万円?神戸レアンドロ2億円?浦和ワシントン2億円?鹿島ジーコ1億9000万円?浦和エメルソン1億8000万円を抑え、J史上ダントツの最高年俸選手である。

 もっとも、これまでの高給取り助っ人には「給料ドロボー」も多かった。フォルランは1年半で17得点、J元年にプレーしたリネカーは18試合・4得点、トルコの王子と呼ばれて人気だったイルハンにいたっては3試合・0得点。ポドルスキは「不良助っ人」にならないか?

「ドイツ人ならではの勤勉性を持ち合わせています。大宮戦の前半はチームメートとの連動性に苦慮し、精彩を欠いたプレーに終始したが、後半になると中盤まで下がって攻撃の組み立てに参加したり、サイドから攻撃の起点になったり、一生懸命にチームプレーに徹しながらゴールチャンスを狙い、きっちりと2得点を決めた。ピッチ外では、日本語を積極的に覚えようとするなど協調性も感じられる。フィジカルも大きく衰えているわけではないし、今後も結果を残してくれるでしょう」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 年俸分の活躍を期待してもよさそうだ――。