アジア杯(インド・バンガロール)で3連覇を達成し、18年スペインW杯(旧世界選手権)出場を決めた女子バスケットボール日本代表が31日、凱旋した。

 今大会からオセアニア諸国がアジア枠に加入。世界ランキング4位の豪州を決勝で下しての優勝に吉田亜沙美主将(29)は「目標とする東京五輪でのメダル取りに向けていいスタートが切れた」と振り返った。

 今大会は8強入りしたリオ五輪でもチームを牽引した吉田が膝の故障で準決勝の中国戦、決勝の豪州戦で欠場を余儀なくされた。吉田に代わってポイントガード(PG)に起用された町田瑠唯(24)が、吉田の穴を埋めて試合をコントロール。代表初選出の水島沙紀(26)が3ポイントシュートを量産(決勝で7ゴール)した。東京五輪に向けて抜擢した若手や新顔が期待に応えた。

 町田や水島らが結果を残したのは、リオ五輪後に就任した米国出身のトム・ホーバス・ヘッドコーチ(50)の厳格な指導も一因だろう。

■「思い切ってプレーができる」

 ホーバスHCは現役時代にトヨタなどでプレー。引退後は長らく女子の実業団チームを指導してきただけに日本語はペラペラだ。代表合宿ではささいなミスでも流ちょうな日本語で罵声を浴びせるのは珍しくない。さすがに手は出さないものの、一般社会ならパワハラで訴えられかねないほどの厳しい口調で若手選手を叱り飛ばしているという。

 厳しい指導を受ければ若手は萎縮しかねないが、実際は伸び伸びしたプレーが目立つ。ホーバスHCは積極的なプレーでのミスには寛大だそうで、さる若手選手は「消極的にいって怒鳴られるのは嫌なので、ミスしてもいいと割り切り、思い切ってプレーができるのが好結果につながっている」と話す。

 若手主体の女子代表は今後もホーバスHCから言葉責めにされそうだ。