侍ジャパンの新監督に稲葉篤紀氏(44)が決定したことで、当初は大本命とされていた巨人の原辰徳前監督(59)は、これから何をやるのか。

 現在も巨人の「球団特別顧問」として籍はあるものの、仕事はほぼ皆無。侍ジャパン監督の最有力候補だったが、契約年数などの条件で折り合わず、交渉が決裂したともっぱらである。

 さる球界関係者がこう言った。

「侍ジャパンの監督をやるなら、3年後の東京五輪まで。4年後のWBCはやりませんという条件だった。他にも細かい条件を突きつけてNPB側を困らせたとか。巨人でも自身の影響力を残そうとしたが、6月に選手出身で初めてとなる鹿取GMが誕生したことで、フロント入りしてチームを動かすという希望は実現が難しくなってしまった」

 巨人は巨人で球団ワーストの13連敗を食らうなど、Bクラスの4位に沈む苦しい状況。一部からは3度目の監督再登板の可能性もささやかれるが、親会社の読売関係者は「球団の現体制はコンプライアンス重視。1億円事件もあった原さんに監督として再び頼ることはないと思う。そもそも現チームを窮地に追い込んだのは、次世代の選手を育成せずに、2年前にチームを去った原前監督ではないか、負の遺産だ、という声もあるくらいですから」と否定している。

■ヤクルトの次期監督候補に?

 それなら、他球団に目を向けるのか。

「巨人を率いた計12年間で、リーグ優勝7度、日本一3度と実績は確か。東海大相模高出身の原前監督は神奈川の顔という観点から、幹部がその能力と経歴を買っている横浜DeNAの次期監督候補にはいつも名前が浮上する。ラミレス監督の契約は今年いっぱい。ただ、チームは3位と好調で、さらに上位を狙っているため、オーナーも続投へ前向きな発言をしている。あとはヤクルト、日本ハム、ロッテといったボロボロになったチームを再建すべく、次期候補に名前が挙がっても不思議ではない。まあ、本人が外に出る気があれば実現するでしょうが……」(前出の関係者)

 原前監督は先日、アマの競技ゴルフ大会に参加。全国規模の大会は初参加だったが、通算26オーバーの44位と健闘した。侍ジャパンと決裂し、巨人でもやることがないため、大好きなゴルフに熱中している。今のところ、他球団の監督を受ける以外に、プロ野球界でやることはなさそうだ。