世界選手権で11年上海大会以来、3大会ぶりの金メダルなしに終わった競泳の日本代表が1日、遠征先のブダペストから帰国した。

 今大会は男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(25)が銀、渡辺一平(20)が銅と日本勢では史上初のダブル表彰台に立ったが、期待された萩野公介(22)、瀬戸大也(23)のエース格2人は金メダルを逃した。女子では200メートル個人メドレーで初出場の大橋悠依(21)が銀メダルを獲得したものの、エースの池江璃花子(17)は個人種目の自由形、バタフライ(ともに50、100メートル)の計4種目に出場しながら、表彰台にすら立てなかった。

 池江は大会終了後に「実力不足。世界の壁は厚かった。まだまだだなと思った」と話し、さらなるレベルアップを誓っている。

 今大会の池江はリレーも含めて計7種目に出場した。個人種目では自己ベスト更新を目指して予選からほぼ全力で泳いだ結果、最後はスタミナ切れで尻すぼみ。100メートルバタフライは準決勝で自身の持つ日本記録(56秒86)に迫る56秒87をマークして2位で決勝進出。メダル取りに弾みを付けながら、決勝は57秒08とタイムを落として6位に終わった。余力を残して決勝に臨めなかったのが響いた。

 他のスイマーのように種目を絞って出場するならともかく、池江のように複数種目にエントリーする場合は予選、準決勝でいかに手を抜けるかがメダル取りのカギを握る。今大会6種目に出場した「鉄の女」の異名を持つ地元ハンガリーのカティンカ・ホッスー(28)の泳ぎぶりを見れば分かる。3連覇した200メートル個人メドレーは予選、準決勝で徐々にタイムを上げ、決勝では2分7秒00のコースレコードをマークした。

「和製鉄の女」を目指す池江はレースごとのスタミナ配分も覚えた方がよさそうだ。