大谷翔平(23=日本ハム)が、投打で躍動するのはいつになるのか。

 2日のロッテ戦は3打数1安打。ここ6試合は毎試合安打を放っているが、得点圏打率は.125。本塁打はまだ、たったの3本だ。

 それでも打率は.299。打つ方はともかくとして、肝心な投手としての復帰にメドが立っていない。7月12日のオリックス戦で1回3分の1を投げて以降、本格的なブルペン投球は一度もやっていないのだ。

「たいした投げ込みもしないまま、二刀流復帰をせいて7月12日に見切り発車で投げさせたのが裏目に出たのですよ」と、あるOBがこう続ける。

「左太もも肉離れは完治しましたが、右足首は不安を抱えたまま。つまり下半身強化が十分でないにもかかわらず、投げ込みを数回やっただけで、いきなり実戦登板させたのです。ストライクが入らずに4失点とボロボロだったのは無理もありません。いまは投手として投げられる体を一からつくり直している段階。投手としての完全復帰は、当初の予定より大幅に遅れて、9月下旬になるかもしれないと聞きました。最初から、野手としての練習はある程度犠牲にし、投手としての調整を丁寧にやっていれば、9月上旬には先発として復帰できたと思いますけどね」

 9月下旬と言えば、シーズン終了直前。急がば回れというが、二刀流復帰を急いだがゆえに、投手としての大谷は今季中に見られない可能性もあるというのだ。