【WGCブリヂストン招待 初日】

 全英の後遺症か。インスタートの松山英樹(25)は、出入りの激しいゴルフで1アンダー。首位に4打差、15位タイ発進となった。

 前半は13番から4連続バーディーを奪い、一時はトップに立つも、後半は別人と化し、4つのボギーでスコアを崩した。

「微妙なラウンド。もう少しいいゴルフができると思っていたが、試合となるとうまくいかない。前半はパットが良かったが、後半は良くない感じで終わった。フェアウエーにもあまりいっていない」と松山。

 7月の全英オープン最終日は首位に7打差からの追い上げが期待されながら、1番の第1打でいきなりOB。出だしのトリプルボギーでファンやスポーツマスコミだけでなく、契約スポンサーの期待をも裏切った。

 今季メジャー最終戦の全米プロ(10日開幕・ノースカロライナ州・クエイルホロークラブ)を翌週に控えての今大会は、4大メジャーに次ぐビッグトーナメントの世界ゴルフ選手権(=WGC・年間4大会)の一つ。松山は昨年10月、アジア勢としては初めてWGC(HSBCチャンピオンズ)を制し、世界ランクに加算される70ポイントを獲得。さらに今季はフェニックOP(56ポイント)やT・ウッズがホストを務めるツアー外競技のヒーローチャレンジ(46ポイント)にも優勝。6月の全米オープン2位による50ポイントなどを加え、現在は世界ランク3位につけている。

 しかし、トップ5(?ジョンソン、?スピース、?マキロイ、?ガルシア)でメジャータイトルを手にしていないのは松山だけだ。7月の全英に勝ったスピースはすでにメジャー3勝をマークし、「ヒデキはいつメジャーに勝ってもおかしくない」と口にするが、この点は本人も気にしているようだ。

 全英の最終日は、1番のトリプルボギーで気持ちの切り替えができず惨敗だった松山。今大会で弾みをつけて来週の全米プロにつなげたいところ。それにしても初日はフェアウエーキープが14ホール中5ホールだけ。パーオンしたのも18ホール中11ホール。7バーディーを奪うも、6ボギーの粗っぽいゴルフは2日目以降の苦戦を予感させる。