まさかのメキシコ行きで世間をアッといわせた日本代表MFの本田圭佑(31)だが、移籍先のパチューカでも落ち目の三度笠状態だ。

 日本時間6日キックオフの敵地プエブラ戦に本田は「右足痛と高地不適応」で遠征メンバーから外れ、開幕3戦連続出番なし。試合は後半2分から16分間に3失点と大崩れ。2―3に終わってドロ沼の3連敗である。

「右足痛よりも高地適応に戸惑っている。13日のホーム戦出場も厳しいでしょう。このままだと22日のホーム戦がデビュー戦になる」(サッカーライター)。この状況にイライラを募らせているのが、日本代表を率いるハリルホジッチ監督だ。

 そもそも「本田には欧州に残って欲しかった」とメキシコ行きに不満タラタラ。しかも開幕から出番がなく、たとえ22日の試合に続いて26日のアウェー戦もプレーしたとしても、31日の埼玉スタジアムで行われるW杯アジア最終予選オーストラリア戦までに「たった2試合しかプレー」できない。

「前所属のミランで昨シーズンを戦力外で過ごした本田のもくろみは、欧州各国リーグよりもレベルの低い新天地パチューカのレギュラーMFに定着し、試合をこなすことでパフォーマンスを上げていき、オーストラリア戦のスタメンを確保することだった。その大前提が完全に崩れてしまっている」(前出のライター)

 日本代表でも戦力外のピンチなのである。