4位巨人が7ゲーム差の2位阪神を8日から東京ドームに迎え撃つ。巨人のチーム関係者は、「今は借金(4)返済と(3位以上の)CS狙い。現実的に阪神と(3位)DeNAとの直接対決が重要だが、伝統的に夏に落ちてくる阪神叩きが特に大事」と腕をぶす。

 今季の対戦成績は7勝6敗とほぼ五分。阪神とは12試合を残すが、9勝3敗では6ゲームしか縮まらない。単純計算で10勝2敗なら8ゲーム詰められる。阪神とは25日からも3連戦が組まれているだけに、集中的に叩きたいところだ。先陣は今季の阪神戦2勝1敗の虎キラー・マイコラスが切る。

「マイコラスをどこかで一度中4日で投入すれば、2週間後の阪神戦でも使える。現在、12勝の菅野、9勝の田口の防御率1、2位コンビが週末のカードで登板しているため、マイコラスを阪神戦に回せば、先発『3本柱』を同時に投げさせられるのです。しかし、高橋由伸監督にそれができるかどうか。飲酒暴行トラブルにより山口俊が離脱した7月終盤のDeNA戦でも同時投入が検討されたが、結局3戦目に大竹を突っ込んで、マイコラスを次の広島戦に回した。一方的に負け続ける首位相手に完全“裏”ローテで臨むことができず、大竹の試合も広島戦に温存したマイコラスの試合も負けましたから」(チーム関係者)

■3本柱投げないとV諦めが一目瞭然

 巨人は最後まで「優勝を諦めていない」と言い続けなければならないチーム。広島とはここまで4勝13敗と一方的。16ゲームも離されていても広島戦が捨てられない。

 6月に就任した鹿取GMが球宴期間中に田畑投手コーチを「広島専従」のスコアラーに配置転換した。「(広島戦)5割でくれば、こうなっていない。ずっと付いてもらって当然、広島戦には来てもらい、(対策を)話してもらう」と意気込んでいるだけに、高橋監督は口が裂けても「捨てる」なんて言えないという事情もある。

「由伸監督だって、16ゲーム差の広島戦より、DeNAと阪神を倒すためのローテを組みたいのが本音でしょう。ただ、今月は阪神戦の後がいずれも広島戦。3本柱以外の裏ローテとの実力差があり過ぎてリスクが大きい。広島相手に3本柱が一人も投げないと、周囲からは『優勝を諦めた』と一目瞭然です」(前出の関係者)

 しかし、実際問題、逆転優勝の可能性などほとんどゼロ。つまらない見えを捨てて現実路線に切り替えなければ、Aクラス入りも逃す可能性が高そうだ。