遊撃へのゴロ、全力疾走、そして判定は……。

 9日、日本ハムの大谷翔平(23)が4番として初打点をマークした。

 楽天戦の初回、2死三塁の場面、大谷がバットを振り抜くと打球は遊撃の多少深めの位置へ。内野ゴロかと思われたが、そこは足が長くストライドが大きい大谷だ。全力でベースを駆け抜けると、判定は「セーフ」。さらに5番大田の遊ゴロでは二塁に滑り込むなど、懸念されていた足のケガの状態が上向きなのは間違いなさそうだ。

 とはいえ、それはあくまで「打者大谷」の話。「投手大谷」の登板はいまだメドが立っていない。ブルペン入りはこなせても、捕手を座らせた本格的な投球練習にはほど遠いのが現状だ。

 次の登板は米国のマウンドで……となっても、なんら不思議じゃない。