「9日プロ初先発を果たした高卒新人のドラフト3位の梅野(18=九産大九産・写真)と15年ドラフト3位の高橋(20=龍谷大平安)、ドラフト1位の寺島(19=履正社)の高卒トリオは、将来の先発3本柱になる力がある」

 ヤクルト首脳陣がこう口を揃えている。

 先陣を切った梅野は、強力DeNA打線相手に3回5失点と打ち込まれたものの、大器の片鱗は見せた。初回には、主砲・筒香にこの日最速となる149キロのストレートを内角に投じて右飛に打ち取った。

 高校時代に4番を打っていた梅野は試合前、「緊張しますけど、打撃には自信があります」と言ってチーム関係者を驚かせた。結果的にライトゴロになったものの、プロ初打席で右翼前に痛烈な当たりを放った。

 チームは借金30の最下位に低迷。ファンが期待するのは将来性ある若手の台頭。チームも来季に向けて徐々に若手へと切り替えが進む中、投手ではドラフト2位の星(23=明大)が4月末から先発ローテを守り続け、野手では大卒2年目の山崎(23)、15年オフに巨人から移籍してきた高卒4年目の奥村(22)が頭角を現し始めた。

「二軍では23歳以下のイキのいい選手が世代交代を狙って着々と成長している。投手は故障などもあって今年から育成契約となった田川(23=12年ドラフト3位)がチーム最多の82回3分の1を投げて5勝4敗、防御率3・72と成長を見せている。野手では、内野手の広岡(20=15年ドラフト2位)、渡辺(20=15年ドラフト6位)がそれぞれ首脳陣から評価を得ています」(マスコミ関係者)

 残り41試合、どれだけの若手が芽を出すか。