史上最年少(18歳5カ月)での快挙とはならなかった。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は10日(日本時間11日)、男子200メートル決勝を行い、サニブラウン・ハキームは20秒63で7位に終わり、日本勢では2003年パリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来となる14年ぶりの表彰台を逃した。

 トルコのラミル・グリエフが20秒09で金メダルに輝き、400メートルとの2冠を狙ったウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)は0秒02差の2着だった。

 第8レーンでスタートラインに立ったサニブラウン。号砲への完璧な反応を見せて好スタートを切り、序盤は自己ベスト19秒台が揃う海外勢と互角の走りを披露した。

 しかし、コーナーを回り終えた後の直線でライバルに引き離されると、終盤は失速。最後はスピードを緩めるようにゴールした。

 走り終えたサニブラウンは、両手で顔を覆ってしゃがみ込むと、しばらく動けない。電光掲示板でタイムと着順を確認すると、悔しそうに表情をゆがめた。

 20年東京五輪の星と期待される若手スプリンターには世界の壁は高かった。

 日本陸連の伊東浩司強化委員長は、サニブラウンについて「脚に痛みがある。現時点では400メートルリレーには使わない」と話した。

▽サニブラウンのコメント
「気になっていたハムストリング(太もも裏)が最後の100で(異常が)来て、追いつけなかったのが悔しい。あそこでもう一段上げていればメダルも狙えた。今大会、フルに力を発揮できなくても、ここまで来れたのは、今後につながる。いい経験になった」