【全米プロゴルフ選手権 初日】

 前週のWGCブリヂストン招待で今季3勝目(米通算5勝)を挙げて、フェデックスポイントランキング、賞金ランキングとも首位に躍り出た松山英樹(25)。今大会は優勝候補ナンバーワンに挙げられて、初日は6バーディー、5ボギーの70で回り、1アンダー15位タイにつけた。

 前週の勢いのまま2週連続優勝でメジャータイトルを、と熱い視線を送るファンは多いが、メジャーとなれば誰もが手にしたいタイトルだけに簡単にはいかない。

 現在、世界ランク(WR)30位までにメジャータイトルホルダーは13人。そのデータを見ると、平均29試合目に初優勝を遂げている。

 WR1位のダスティン・ジョンソンが昨年の全米オープンで勝ったのもちょうど29試合目(プロ10年目)だった。ちなみに今年のマスターズに勝った同5位のセルヒオ・ガルシアは74試合目(19年目)と遅咲き。

 また同17位アダム・スコットが48試合目(14年目)、同30位フィル・ミケルソン47試合目(15年目)、同8位ヘンリック・ステンソンが42試合目(18年目)とメジャー勝利まで時間がかかっている。

 一方、同2位のジョーダン・スピースは9試合目(4年目)、27位のルイ・ウーストハイゼンも9試合目(8年目)と早い。

 もっともコースとの相性もある。

「マスターズ以外のメジャーは、毎年開催コースが変わるので、いつ自分のプレースタイルにあったコースに出合えるか分からない」と松山は語っており、今週の会場とは相性が良くないと語り、メジャー優勝の不安材料になるかもしれない。

 メジャー18勝のジャック・ニクラスの初優勝は10試合目。タイガー・ウッズは7試合目だった。

 松山のメジャー出場はアマ時代を含めて今回の全米プロで21試合目(プロ5年目)だ。

 ちなみに同7位のジェイソン・デイもメジャー21試合目の全米プロで初勝利(プロ10年目)を飾っているが、それまでに2位3回を含むトップ10入り9回と経験を積んでいる。

 松山(同3位)の過去メジャー20試合は、2位1回でトップ10入りは6回だけ。タイトルを獲得するには経験不足は否めないかもしれない。

 初日トップは4アンダーのT・オルセンとK・キスナー。日本勢は谷原秀人(38)、小平智(27)がイーブンパー25位、池田勇太(31)が1オーバー33位。

(ゴルフライター・吉川英三郎)