巨人の亀井善行(35)が22日、契約更改交渉を行い、200万円アップの年俸5100万円でサインした。今季は109試合の出場で得点圏打率.382、代打打率.342、17打点と勝負強さを発揮。自身初の一軍フル帯同を果たした。

 巨人は今オフ、中日から本塁打王のゲレーロを獲得。ポジションは左翼が濃厚で中堅・陽、右翼・長野で外野のレギュラーはほぼ固まった。「外野は埋まったので、どうやって生きていこうかなと。だから1打席をムダにしたくない。得点圏で打ちたい。信頼してもらって、いい場面で打てるように。競争だろうけど、現実を見て自分のポジションを確立して、若手のバックアップをしていきたい」とベテランらしく、補強は慣れっこな様子である。

 かつては高橋由伸監督と共に沖縄で自主トレを行い、遠征先での食事に付き合う「一番弟子」だった。そんな亀井も来年36歳。もしダメなら、契約最終年の「師匠」と一緒に「引退」の可能性もある年齢になってきた。

 指揮官の延命に貢献する「チャンスでの一打」、重信ら「若手の指導役」、ゲレーロがコケた場合の「代役レギュラー」――。困った時のカメ頼みならぬ、「便利屋」としての働きを、高橋監督からは求められている。