ベテラン外野手の移籍先が決まらない。

 今オフ、マーリンズから再契約を見送られたイチロー(44)。代理人を務めるジョン・ボッグス氏は「(マーリンズを除く)29球団と連絡を取っている」と話していたが、進展した気配はない。

 メジャー最年長野手としてプレーした今季は136試合に出場して打率2割5分5厘、3本塁打、20打点、1盗塁。来年45歳の力の衰えが著しいベテランを獲得する球団はあるのか。

「年齢的にメジャー契約を交わすのは厳しいでしょう。ベテランはマイナー契約で、招待選手としてキャンプに参加し、オープン戦で結果を残せなければ契約解除というケースが大半。日本球界復帰がなければ、イチローは来春のキャンプで開幕ロースター入りを目指すことになりそうです」(スポーツライター・友成那智氏)

 とはいえ、メジャーでは若手の教育係や見本としてベテランを積極的に迎える球団も中にはある。

「メジャー契約を提示する球団があるとすれば、アスレチックスとフィリーズあたりでしょうか。アスレチックスは毎年、実績のあるベテランを1人は獲得して若手の面倒を見させています。フィリーズは外野陣が若手ばかりで、経験豊富なイチローは最適な存在です。年俸100万ドル(約1億1200万円)に打席数などに応じた出来高が付く契約ならあり得ます」(友成氏)

 FA市場は通常、ダルビッシュのような大物選手から移籍先が決まる。実績が乏しい選手やベテランは後回しになるため、イチローの新天地が決まるのは、2月のキャンプイン直前までズレ込む可能性もある。