開口一番「いやぁ〜それにしても仰天させられました」と話すのは、メキシコ五輪で得点王に輝いた釜本邦茂氏である。

 12日にオーストリア・インスブルックで行われたパラグアイ戦でMF本田圭佑、MF長谷部誠、FW大迫勇也といった主力組を軒並みベンチスタートとした西野朗監督(63)の用兵に「ロシアW杯本大会前の最後のテストマッチの先発にベンチ組をズラッと並べるとはねぇ〜。8日のスイス戦から先発メンバー10人を入れ替え、しかもひとりだけ連続出場となったDF酒井高徳は、スイス戦の右SBから左SBで起用した。実質<11人全員を総入れ替え>したことになる。サッカー界の常道とは、かけ離れた選手起用と言っていいでしょう」と言うのである。

 4―2で試合には勝った。前半32分に先制を許したものの、後半の6分と18分にMF乾貴士が立て続けにゴールを決めて逆転。46分にはトップ下で先発したMF香川真司にもゴールが生まれた。スイス戦をケガで回避したDF酒井宏樹も後半から投入し、ここ2試合でW杯登録メンバー23人全員をプレーさせた西野監督は「ただ縦に速いだけでなく、ボールを保持した中で得点できた。一試合一試合ごとに攻守にポイントを持ちながら修正はできている」とご満悦だったが、元日本代表主将の田口光久氏もこう言うのだ。

「W杯開幕の2日前のテストマッチでやるべきことは、W杯1次リーグ初戦のコロンビア戦を見据え、主力組のコンビネーションの良し悪しの最終確認を行い、うまくいかなかったところは修正を施す。さらには主力組のコンディションを見極める作業も重要となってくる。しかし西野監督は予告通りに先発メンバーをガラッと代えてきた。パラグアイを同じ南米コロンビアの仮想敵国と位置付けながら、なぜベンチ組を先発させるのか? 大いに疑問の残る選手起用でした」

■本田と長谷部が不要なのはハッキリ

 4月上旬にハリルホジッチ前監督が電撃解任され、西野ジャパン体制になって2カ月あまり。ガーナ戦、スイス戦をいずれも0―2で落とし、もしパラグアイ戦も無得点に終われば、直前3試合ノーゴールでW杯本大会に臨むところだった。

 そんな最悪の事態は回避したものの、対戦相手のパラグアイのレベルを考えると、とても楽観視はできない。

「中堅と若手の混成チーム。ロシアW杯予選敗退でモチベーションも感じられず、しかもコンディション不良で後半途中にはガス欠。完成度の低いチーム相手に日本は余裕でボールを回し、シュートにまで持ち込めた」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 欧州組が不参加だった東アジアE―1選手権(17年12月)以外では17年10月6日のニュージーランド戦以来、実に8カ月ぶりの勝利となったこの日の試合でハッキリしたことがある。

「今の日本代表のレギュラー組に不必要な選手がいるということです。それはMF本田とMF長谷部です。この2人は、日本ならではのスピーディーなボール回しに付いていけず、運動量も決定的に不足している。個人的にはW杯初戦のコロンビア戦には、この日のパラグアイの先発メンバーから左SBの酒井高をDF長友佑都に入れ替え、右SBのDF遠藤航を酒井宏に入れ替え、そしてGK中村航輔を先発させるのが、現時点ではベストメンバーです」(六川氏)

 この日のメンバーが、そうした選手起用に反映されれば、まだ“二軍”で戦った意味もあるだろう。

 しかし、西野監督の頭の中は「スイス戦の先発メンバーが最強」という考えで凝り固まっているという。

 かたくなに“元ミランの背番号10”本田がトップ下から攻撃を差配し、守っては英プレミアで100試合以上出場したDF吉田麻也と10年南アW杯16強入りの立役者であるGK川島永嗣がデンと構え、彼らを中心としたメンバーでロシアW杯を戦うことしか、念頭にないともっぱらなのである。

■「当事者意識が希薄」

 そもそも西野監督というのは、代表監督に就いてからのコメントが、すべてポジティブなものばかりで周囲から「ノーテンキ過ぎないか?」といぶかられている。

 試合に勝てなくても「危機感はまったく感じてない」と言い張り、スイス戦で何の仕事もできなかった本田を「予想以上に動きも取れていた」と高く評価。現地メディア陣から、W杯本大会を不安視する質問が飛ぶと「不安はない」「なぜネガティブになる必要があるのか?」と真顔で聞いてくる。どこをどう考えてもロシアで勝てる要素がないのに表情ひとつ変えず、泰然自若としてどこか他人事のようにコメントを口にするのだ。

「代表監督のお鉢が、W杯開幕2カ月半前に回ってきたわけだし、西野監督としては、たとえロシアでボロ負けしても『失うものは何もない』『惨敗しても自分に責任はない』といった思いが強いのでは? 今回のパラグアイ戦は結果オーライでしたが、あまりにも大胆な選手起用、就任後の一連のコメントなど見聞きする限り、代表監督としての<当事者意識が希薄なのでは?>と思ってしまいます」(前出の田口氏)

 パラグアイ戦でゴールが決まって選手、スタッフが喜んでいる最中もトレードマークの仏頂面を崩すことはなかった西野監督。「泰然自若」ではなくて「他人事」だというなら、いよいよ期待は持てない。