レイズは26日(日本時間27日)、開幕ロースター26人を発表。このオフにDeNAからポスティング移籍した筒香嘉智外野手(28)は、順当に開幕ベンチ入りメンバーに名を連ねた。

 その一方、キャンプ、オープン戦でメジャー定着を目指していた有望株7人にマイナー降格が告げられた。レイズには将来を嘱望される若手選手が多く、エンゼルス・大谷翔平(25)に次ぐ投打の二刀流として期待されるブレンダン・マッケイ(24=左投げ左打ち)は、今季開幕を傘下3Aダーラムで迎えることになった。

 マッケイは昨年6月にメジャーデビューし、13試合(先発11試合)に登板し、2勝4敗、防御率5.14、野手では11試合に出場し、10打数2安打の打率2割、1本塁打、1打点。ポストシーズンはリリーフで起用され、3戦連続無失点と好投した。今春のオープン戦では2試合(計2.1回)を投げ、0勝1敗、防御率15.43だった。キャンプでは二刀流での出場を見据えて、投打とも調整を続けてきたが、実戦の打席には立たなかった。

 地元紙タンパベイ・タイムズ(電子版)など、複数の米メディアによれば、チームは依然としてマッケイを二刀流として育成する方針。開幕ロースターから漏れたのは、筒香の他、韓国人内野手の崔志萬ら左打者が多いチーム事情からだという。

 この日は、MLBと大リーグ選手会が今夏のドラフトを通常の6月から7月に延期して行うことで合意した。