再開した独ブンデスリーガ1部フランクフルトのFW鎌田大地(23)の評価がウナギ上りだ。

 再開2合目の前節ボルフスブルグ戦。鎌田はMF長谷部誠(36)とともに先発出場。1−1で迎えた後半40分である。

 ペナルティーエリア内で味方FWが頭で落としたところに走り込み、相手GKの広げた手足が届かないコースを沈着冷静に見極め、左足インサイドでゴール右に流し込んだ。

 これで鎌田は今季公式戦で通算10得点。2ケタに乗せたこともあり、同じブンデス1部ブレーメン所属で不振にあえぐFW大迫勇也(30)の後継者として脚光を浴びるだろう。元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏がこう言う。

「鎌田は、大向こうウケするようなファンタジックなプレーを披露したり、鍛え上げたフィジカルを利して相手DFをなぎ倒しながらゴールに猛進していくタイプではない。ただし天才です。何の天才かというと、相手ペナルティーエリア付近で冷静さを保ちながら局面ごとにベストのプレーを瞬時に選択。顔色を変えないでサラリとやってのける天才と言える」

 17年6月、J1鳥栖から移籍。昨季は期限付移籍先のベルギー1部シントトロイデンで活躍し、今季は晴れてブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに復帰した。

 ベルギーよりも格上のブンデス1部への順応も早く、フランクフルトではトップ下を任されながら、ただチャンスメークに専念するのではなく、相手ゴール前に侵入しては積極果敢にゴールに絡んでいく。

 ブンデス1部でブービー17位のブレーメンでスタメンから外れ、ピリッとしないFW大迫に取って代わり、森保ジャパンの正ストライカー奪取のチャンスでもある。

「ポスト大迫探しは、森保日本代表の重要課題です。鎌田が有力候補として名乗りを挙げました」(前出・六川氏)

 これからも鎌田がゴールを量産したら、代表エースFWも交代劇も近い。