【阪神タイガース 腐食の構造】#1

「親会社はフロントの管理体制の甘さに怒り心頭です」

 阪神OBがこう言った。先日、糸原、岩貞ら選手、スタッフ合わせて7人ものコロナ感染が発生したことについてだ。

 阪神の谷本副社長兼球団本部長が「会食が原因だと推察できる」と話したように、感染の契機になったとみられるのが9月19日、名古屋遠征中の選手、スタッフによる会食だ。

■選手がこぞって内規違反

 球団は名古屋と広島遠征時に限り、指定日を設けて球団関係者や家族との外食を認めていた。人数は4人以内で2時間をメドとし、同じポジションの選手同士での会食を禁止していたが、感染した糸原、岩貞、陽川ら人数制限を超える8人が集まり、同一ポジションの選手も参加。感染した馬場と浜地も、同じ投手の岩崎、小川の4人で食事をしており、ルール違反を犯していた。

 外食くらい……とみる向きもあるだろうが、阪神に限っては、より厳格なコロナ対策を講じてしかるべきだった。

 というのも、3月に藤浪、伊藤隼、長坂の3選手が感染。直前に男女20人以上が集まる“合コン”に参加、一般人も含めて複数の感染者が出る事態となったからだ。球界関係者が言う。

「その際、揚塩球団社長は記者会見を開き、『結果的にこのように感染者が出たということに対して、今から思えば、もう少し厳しく外出禁止という形で臨んでいた方が良かったのかなという反省もございます』と陳謝した。にもかかわらず、再び感染者を出し、選手の自覚のなさが明らかになった。球界全体がコロナ禍でのシーズン遂行に四苦八苦する中、水を差したわけで、阪神は他球団、というより球界全体からも白い目で見られています」

 今回、揚塩社長は会見を行わず、管理部門のトップである谷本本部長が「私のミスジャッジだった」と陳謝したが、改めてチームのユルフン体質が明らかになり、親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)、阪神電鉄内では、「球団の管理体制が甘すぎる」とフロントの責任を問う声が上がっているという。前出の阪神OBが明かす。

「6月の阪急阪神HDの株主総会では、藤浪らがコロナ感染したことに関し、株主から『藤浪君は悪くない。周りがチヤホヤしすぎだ』との指摘があった。これに対して親会社・阪神電鉄担当役員の百北常務は『プロ野球人、社会人としての自覚を強く促し、より厳しく行動処置を取るべきではなかったのかなと思う』と頭を下げている。半年で2度のクラスターはコンプライアンス重視の風潮にあって企業としては致命的。今年末で3年目を終える揚塩体制は刷新される可能性が高い」

■やりたい放題を助長

 もしフロントがテコ入れされれば、矢野監督の立場も危うくなる。ただでさえ巨人に4勝12敗と大きく負け越すなど、V逸は決定的。評論家やファンからは、再三にわたって采配ベタを指摘されている。選手が平気でルール違反を犯す土壌は、矢野監督のマネジメントの拙さも一因だという。

「西勇輝への対応しかりです」とは、球界OB。

「西は5月の緊急事態宣言中に滋賀でゴルフ、出身地の三重で不倫密会をしたにもかかわらず、球団は厳重注意処分でよしとしたし、矢野監督の対応も疑問。二軍降格させるなど、厳しく対処するどころか、エース扱いを続けてチヤホヤするばかり。結果、身内である球団職員の言うことを聞かなかったり、横柄な取材対応をしたりと、西のやりたい放題を助長している。前任の金本監督のように、締め付けすぎて選手が萎縮したら元も子もありませんが、締めるところは締めないとチームのタガが緩みますよ」

 開幕直後に2勝10敗と低迷した際には、親会社で矢野監督の後任候補の名前が浮上したほど。すでに、いざというときに向けての調査をしているとの情報もある。そこにきて球団トップが交代すれば、矢野監督は後ろ盾を失うことになる。今年は3年契約の2年目とはいえ、このままでは去就問題に発展しかねないのだ。

■後任候補に岡田彰布氏、平田二軍監督ら

 ただし、仮に矢野監督が退任することになっても、監督人事は混沌としそうだ。

「かねて親会社内で将来の幹部候補として評価を受けていた福留は、名古屋で8人での会食に参加、ミソをつける格好になった。後任候補としては2005年の優勝監督である岡田彰布氏に加え、実務経験が豊富な平田勝男二軍監督、生え抜きOBでテレビ解説者の赤星憲広氏の名前が挙がっている。特に岡田氏は監督在任中、投手を中心とした守りの野球で巨人、中日と3強時代を築いた。今季の阪神のチーム失策数59は12球団ワーストと立て直しは急務。阪神周辺では、『巨人の原監督ではないが、経験と実績があり、どっしりと構えられる監督が今の阪神に求められている』という声もあります」(前出のOB)

 組織自体が崩壊寸前。その病巣は非常に根深い。(つづく)

矢野監督が西勇輝のやりたい放題を助長

 もしフロントがテコ入れされれば、矢野監督の立場も危うくなる。ただでさえ巨人に4勝12敗と大きく負け越すなど、V逸は決定的。評論家やファンからは、再三にわたって采配ベタを指摘されている。選手が平気でルール違反を犯す土壌は、矢野監督のマネジメントの拙さも一因だという。

「西勇輝への対応しかりです」とは、球界OB。

「西は5月の緊急事態宣言中に滋賀でゴルフ、出身地の三重で不倫密会をしたにもかかわらず、球団は厳重注意処分でよしとしたし、矢野監督の対応も疑問。二軍降格させるなど、厳しく対処するどころか、エース扱いを続けてチヤホヤするばかり。結果、身内である球団職員の言うことを聞かなかったり、横柄な取材対応をしたりと、西のやりたい放題を助長している。前任の金本監督のように、締め付けすぎて選手が萎縮したら元も子もありませんが、締めるところは締めないとチームのタガが緩みますよ」

 開幕直後に2勝10敗と低迷した際には、親会社で矢野監督の後任候補の名前が浮上したほど。すでに、いざというときに向けての調査をしているとの情報もある。そこにきて球団トップが交代すれば、矢野監督は後ろ盾を失うことになる。今年は3年契約の2年目とはいえ、このままでは去就問題に発展しかねないのだ。

■後任候補に岡田彰布氏、平田二軍監督ら

 ただし、仮に矢野監督が退任することになっても、監督人事は混沌としそうだ。

「かねて親会社内で将来の幹部候補として評価を受けていた福留は、名古屋で8人での会食に参加、ミソをつける格好になった。後任候補としては2005年の優勝監督である岡田彰布氏に加え、実務経験が豊富な平田勝男二軍監督、生え抜きOBでテレビ解説者の赤星憲広氏の名前が挙がっている。特に岡田氏は監督在任中、投手を中心とした守りの野球で巨人、中日と3強時代を築いた。今季の阪神のチーム失策数59は12球団ワーストと立て直しは急務。阪神周辺では、『巨人の原監督ではないが、経験と実績があり、どっしりと構えられる監督が今の阪神に求められている』という声もあります」(前出のOB)

 組織自体が崩壊寸前。その病巣は非常に根深い。 (つづく)