【六川亨のフットボール縦横無尽】

 KINGと言えば、若いサッカーファンの多くはカズ=三浦知良(53)の顔を思い浮かべるだろう。

 初めてカズを「キング」と命名したのは外国人記者で1993年アメリカW杯のアジア最終予選、いわゆる<ドーハの悲劇>での北朝鮮戦だったことは、本年9月の当コラムで紹介した。

 しかし、世界的にKINGといえば「エドソン・アランテス・ド・ナシメント」=「ペレ」を指すことに異論を唱える者はいない。カズ自身も「キングと言えばペレ」と認めている。

 そのKINGペレは、15歳でプロデビューしてサントス(ブラジル)とニューヨーク・コスモス(アメリカ)で1977年に引退するまで通算1363試合に出場し、1281得点を記録した。もちろん<1000点超え>は史上初の快挙であり、後年は元ブラジル代表FWロマーリオ、アルゼンチン代表FWメッシらが、1000ゴールを達成することになる。

 W杯には17歳で1958年スウェーデン大会にデビュー。通算6ゴールを決めてブラジルの初優勝に貢献した。4年後の1962年チリ大会も連覇。1970年メキシコ大会で通算3度目の優勝を飾り、ジュール・リメ杯(当時のW杯優勝カップ)永久保持の原動力となった(3度優勝すると永久保持が規定で許された。4年後の1974年西ドイツ(当時)大会で新しいトロフィーとなり、こちらは持ち回り制となっている(現在は2代目が使用されている)。

 FIFAの公式サイトでも「The King of football(サッカーの王様)と紹介されているペレだが、10月23日にFIFAはペレの生誕80歳を祝うメッセージを発表した。

 ペレ自身も「愛すべきサッカーのおかげで世界中で歓迎してもらいました」と感謝の言葉を忘れていない。そして「FIFA TV」では、往年の名選手が祝福のコメントを寄せていた。

■マリオ・ザガロ、トスタン、リベリーノが祝辞

 まずメキシコW杯のブラジル代表のチームメートからは、選手として2度、監督として1度とペレと同様<3度の優勝>を経験している監督のマリオ・ザガロが登場。同じくメキシコW杯からは、ペレの後継者として10番を背負って「白いペレ」と言われたトスタンや、「左足の魔術師」と呼ばれ後に清水の監督を務めたリベリーノも祝辞を寄せていた。

 変わったところでは、サントス時代のチームメイトで1991−1992年のJSL(日本サッカーリーグ)で読売クラブを通算5度目のリーグ優勝に導いたぺぺも元気な姿を見せた。日本では鹿島のファンやサポーターから「神様」と慕われているジーコも当然、祝辞を述べている。

 新しいところでは、アメリカW杯で24年ぶり4度目のタイトルをブラジルにもたらしたドゥンガも登場した。所属していた磐田では「闘将」としてチームメイトを叱咤激励。黄金時代の礎を築いた。5度目の優勝となった2002年日韓W杯からは、キャプテンのカフーと8ゴールで得点王に輝いたロナウドが祝辞を送っている。

 余談になるが、ペレは世界中どこの国に行ってもサッカー界のKINGとして歓迎されるが、ジーコのことを「神様」と呼ぶのは、さすがに日本だけである。かつてプロ野球・西鉄ライオンズのピッチャー稲尾が日本シリーズで大活躍して「神様・仏様・稲尾様」と最大級の賛辞を贈られたことを思い出す。神仏混淆の日本らしい表現方法と言えばそれまでだが、ある意味では「神様」が身近な存在ということなのだろう。

 唯一の例外がある。

 1970年代にヨーロッパで「ジーザス・クライスト・スーパースター」というオペラ型のロックミュージカルが大成功を収めた。ジーザス・クライスト=イエス・キリストのことで、その主題歌「Jesus Christ Superstar」も大流行した。

 当時のサッカー界で注目を集めていたのが、オランダの名門アヤックスに所属するヨハン・クライフ(1947-2016)だった。オランダ人ファンは、代表の試合になるとスタジアムでクライストの部分を変えた替え歌「ジーザス・<クライフ>・スーパースター」を大合唱したものである。

 ヨーロッパで「神様」の名前で呼ばれたサッカー選手は、後にも先にもクライフくらいだろう。=この項つづく

(六川亨/サッカージャーナリスト)