東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は6日、男子200メートルバタフライ決勝を行い、2016年リオ五輪400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(26)が1分55秒20で2位。日本水連が定めた派遣標準記録(1分56秒25)をクリアし、個人メドレー2種目と合わせ計3種目での代表入りが内定した。

「このタイムで決まったのはラッキーだなと思う。夏に向けて強化して、もっといいタイムでメダルを取りたい」(瀬戸)

 瀬戸は不倫騒動で地に落ちた汚名を東京五輪でそそぐべく、2大会連続の表彰台を目指す。個人での結果にこだわるのは競泳代表陣の浮沈の鍵を握るからでもある。

 瀬戸は不倫が発覚した際には派手な交友関係など私生活の乱れっぷりがメディアを騒がせたが、それまではチームのまとめ役で、代表の中心選手だった。醜聞により主将の座は“剥奪”されたが、競技に取り組む姿勢は真摯だ。意外にも、若手の面倒見も良く、種目が異なる選手であっても男女問わず相談相手になり、親身にアドバイスしていたという。

「幼少の頃からライバルだった萩野(公介)が一時期、低迷してからは、女子の大橋(悠依)とともに代表を引っ張ってきた。今でも瀬戸を慕う若手も多い。さすがに東京五輪で主将に復帰するのは考えにくいが、五輪本番ではチームの精神的な支えになるのではないか」(競泳関係者)

金メダル第1号の期待

 瀬戸はメダル量産が期待される競泳はもちろん、日本選手団の先陣を切ることになる。大会2日目の7月25日には得意の400メートル個人メドレー決勝が行われ、男女の柔道とともに金メダル第1号が期待されている。

 五輪では大会序盤に出場する日本人選手の活躍が、他の競技のメダル取りに影響を及ぼす。16年リオ五輪では競泳、柔道などのお家芸種目が大会序盤に金5個を含む計15個のメダルラッシュに沸いたことで、日本選手団は最終的に過去最多の41個のメダルを獲得した。

 瀬戸の3種目は競泳陣だけでなく、日本選手団の命運をも左右することになりそうだ。