ロッテが47年ぶりのリーグ1位での優勝に向けて快走している。

 16日のソフトバンク戦も0―1の七回に代打・安田の適時打で同点。終盤の3イニングをハーマン、国吉、益田のリリーフ3人がピンチを招きながらも無失点に抑えて引き分けに持ち込んだ。2位のオリックスとは3.5ゲーム差だ。

■野球は投手力といわれているが

 チーム防御率は3.76でリーグ5位。野球は投手力といわれているが、この強さの秘密はどこにあるのか。「8月、9月の奮闘がすごい。投手陣に安定感が出てきて、走攻守のすべてがバランス良く噛み合ってきたからでしょう」とは、ロッテOBで通算2081安打の山崎裕之氏。

 確かに、7月をリーグ3位で終えたものの8月は15試合で9勝4敗2分け、9月は13試合で8勝2敗3分けと絶好調。一気にトップに躍り出た。

「そのほとんどが接戦です。ロッテは先発陣が六回まで試合をつくれば、リリーフの国吉、佐々木千、益田が盤石です。3人の防御率は1点台で、益田の33セーブは両リーグトップ。相手打者は六回までが勝負とプレッシャーがかかるし、味方打線にしても、負けていても接戦ならひっくり返せるという意識になる。攻撃面ではチーム93盗塁はリーグトップで、外国人助っ人のマーティンとレアードは合わせて48本塁打。ずばぬけて目立つ日本人打者はいませんが、うまく機能していますよ。失策数もソフトバンクの42個に次ぐ50個で2位。ディフェンスがしっかりしているのも強みです」(山崎氏)

 チームの好調を支えるのは現場だけではない。

「補強もハマっていますね。6月にトレードで獲得した先の国吉しかり、直後にメキシカンリーグから獲得した元中日の先発・ロメロも活躍しています(防御率1.54)。現場の井口監督とフロントが同じ方向を向き、きちんと連携を取れている証拠でしょう」(山崎氏)

 それに加え、佐々木朗希の台頭や、5月に故障離脱していた先発・石川歩の復帰など追い風が吹く。ロッテの勢いは止まりそうにない。