巨人が昨20日、ヤクルトとの東京ドーム最終戦を逆転勝ちで終えた。本拠地では、2年連続の負け越しとなる31勝33敗1分け。原辰徳監督(64)がよく口にする「巨人の庭」でヤクルト、阪神、DeNAとセ3球団に負け越したのは、5度目のワースト記録となった。

 すでにリーグ優勝の可能性は消滅しており、現在65勝68敗3分け。借金3の3位とあっては、試合後のホーム最終戦セレモニーでの原監督の「苦しいペナントレースではある。でもまだ7ゲーム残っている。最後まで戦い抜きます」と声を張り上げた挨拶も空しく響くだけだった。

 昨季は東京ドームでの最終戦の勝利で3位が確定、CS進出を決めた。視察した巨人の山口寿一オーナーが試合後に報道陣に対応し、「結果が出ていないので、いろいろ批判もあろうかと思いますけれども、私の原監督に対する信頼関係は変わっていない」としたうえで、「来季、原監督に続投を要請して、内諾を得ました。(二軍監督の)阿部君に来季は一軍のベンチにコーチとして入ってもらって、原監督と元木ヘッドと阿部君と3人を中心にチームを立て直して欲しい」と具体的な構想を明かしていた。

 が、この日はオーナーの対応はなし。日本テレビ関係者がこう言った。

「緊急入院していた長嶋茂雄終身名誉監督のこともあるし、この日がオーナーが報道陣に対応するタイミングだったのは確か。3位でCSに進出する可能性も、最下位に転落する可能性もまだ消えていないこの段階で、来季のチーム構想に触れるのは拙速という事情はあるにせよ、報道陣が訝ったのは事実です。来季が3年契約の2年目で契約上は続投が既定路線の原監督への信頼を口にしてもおかしくないところ。CSに向けての雑音封じにもなる。現に昨年はこの場で早々と、契約最終年の原監督の続投を明かしたわけですから。それすらなかったのは、監督の去就を含めた来季の組閣が不透明だからではないか。実際、巨人の歴史上一度しかない最下位に沈むようなら、さすがに原監督も安泰というわけにはいかないという情報もありますからね」

 残りは7試合。巨人周辺で不穏な空気が漂っている。