<阪神2−1中日>◇17日◇甲子園

 阪神投手交代を巡って珍しいシーンがあった。同点で8回表に入る場面。7回途中から登板していた桑原がマウンドに上がった後、香田投手コーチがベンチを出た。9番バルデスがそのまま打席に入る流れを確認して左腕高橋へのスイッチを決めたが、交代は認められず。リリーフカーで登場した高橋はUターンする形でブルペンに戻った。

 野球規則によれば、すでに登板している投手がイニング始めにファウルラインを越えれば、その投手は打者1人がアウトになるか一塁に達するまでは投球する義務がある。代打が送られていれば交代は成立していた。金本監督は「まさか(代打が送られず)バルデスが来ると思わなかった。来ても代えようと思ったけど、バタバタして桑原と高橋に申し訳なかった」と振り返った。