<阪神2−1広島>◇17日◇甲子園

 阪神梅野隆太郎捕手(26)が勝ち越しのタイムリーを放った。1点を追う4回。2死から鳥谷の中前打、糸原の右翼線二塁打で同点。続く梅野が内角変化球をさばいて左前に運んだ。

 梅野は「打ったのはシュート。1打席目にシュートでダブルプレーを取られてしまったので、少し頭に入れて打ちにいきました。次の打順がランディさんだったので、なんとかランナーをかえすことができて良かったです」とコメントした。