<プロ野球>◇17日◇横浜ほか

【セ・リーグ】

◆DeNA今永は6勝目 ヤクルトは11連敗

<DeNA2−1ヤクルト>◇17日◇横浜

 DeNA先発は今永、ヤクルトは原樹。DeNAは3回、筒香の投手強襲適時打で先制。今永は3回まで被安打1、無失点。

 DeNAは6回、筒香の13号ソロで貴重な追加点。今永は直球が走り、6回まで被安打2、7奪三振、無失点の好投。

 DeNAが継投で逃げ切り、後半戦の初戦を飾った。今永は6勝目。山崎康は13セーブ目。ヤクルトは打線にあと1本が出ず、今季ワーストの11連敗。原樹は6敗目。

◆阪神4連勝 甲子園5連敗の広島に7ゲーム差迫る

<阪神2−1広島>◇17日◇甲子園

 広島が3回に1点を先制した。菊池、丸の連打と松山の四球などで2死満塁とし、エルドレッドが押し出しの四球を選んだ。

 阪神が4回に2点を奪い、逆転した。2死から鳥谷が中前打で出塁し、糸原が同点の適時二塁打。続く梅野の左前打で勝ち越し。

 阪神は4連勝で首位広島との差を7に縮めた。阪神メッセンジャーはハーラートップタイの9勝。ドリスが24セーブ。

 広島は甲子園で5連敗となった。野村は4敗目。

◆巨人4連勝マイコラス8勝&2打点 中日小笠原5敗

<中日1−5巨人>◇17日◇ナゴヤドーム

 巨人は長野の先頭打者9号弾で先制。2回には連打でチャンスを作り、小林の遊ゴロで1点。マイコラスは順調な立ち上がり。

 中日小笠原は6回に3四球からマイコラスに2点中前打を浴びて降板した。中日はその裏、ゲレーロの左前適時打で1点を返した。

 巨人は投打がかみ合って4連勝。7回1失点のマイコラスは8勝目。中日は打線がつながらず5連敗。小笠原は5敗目。

【パ・リーグ】

◆ロッテ加藤がサヨナラ打、オリックス平野は5敗目

<ロッテ3−2オリックス>◇17日◇ZOZOマリン

 ロッテは1回、角中の1号ソロで先制した。先発スタンリッジは、3回までオリックス打線を2安打無失点に抑えた。

 オリックスは5回、併殺の間に1点を返した。先発ディクソンは2回から6回は点を与えなかった。同点のまま、終盤に入った。

 オリックスは9回、大城のプロ1号ソロで勝ち越し。だがロッテもその裏、2死満塁から加藤の2点二塁打でサヨナラ勝ちした。ロッテ内が4勝目。オリックス平野は5敗目。

◆ソフトバンク東浜9勝、内川V打 西武十亀は4敗目

<ソフトバンク3−1西武>◇17日◇ヤフオクドーム

 西武が先制した。3回1死二、三塁から秋山の一ゴロの間に1点を挙げた。先発十亀は3回まで2安打無失点投球。

 ソフトバンクは4回にデスパイネの22号ソロで同点とすると、続く5回に内川の適時打で1点を挙げ勝ち越しに成功した。

 ソフトバンクは8回にも1点を加え、勝負を決めた。東浜は自己最多タイの9勝目。チームは連敗を3で止めた。サファテが28セーブ目。西武十亀は4敗。