<阪神2−1広島>◇17日◇甲子園

 4年ぶり聖地勝利ならず。広島の先発野村祐輔投手(28)は5回8安打2失点で降板し、今季4敗目。13年8月30日から遠ざかる甲子園勝利はまたもならなかった。

 立ち上がりから毎回走者を背負った。2回1死一、二塁を併殺に打ち取るなど踏ん張るも、1点リードの4回2死から失点した。鳥谷に中前打を許すと、糸原には追い込みながら「(内角に)投げきれなかった」と内角寄りの直球を右翼線へ同点適時二塁打をはじき返された。さらに梅野にも左翼前に運ばれ、3連打で逆転を許した。

 5回は1死二塁から後続を断つも、6回表の攻撃時に代打が送られ降板。「もっといい投球をしていればチームは勝てた。反省して次頑張ります」。後半戦の“開幕投手”に指名された期待に応えることはできなかった。