<ソフトバンク3−1西武>◇17日◇ヤフオクドーム

 西武岡田雅利捕手(28)が、守備で頭脳的かつダイナミックなプレーを見せた。

 1−2と、1点のビハインドで迎えた6回裏1死一、三塁。打者は9番甲斐だった。カウント1ボールから、甲斐がスクイズの構えをしながら真ん中付近の直球を見逃した。その間に、一塁走者の上林が二盗に成功した。

 走者は二、三塁、カウントは1−1となった。岡田は3球目、投手の十亀に外角へ遠く外れたボール球のスライダーを要求した。「ベンチからサインが出てたし、スチールされたし、何球目かにあると」。スクイズを警戒していたのだ。

 3球目。甲斐が飛び付いてスクイズを試みた。岡田は本塁付近に転がった打球をつかむと、本塁に突入してきた三塁走者の松田にダイビングでタッチ。素早く起き上がると、一塁にボールを送球し、併殺を完成させた。予測していただけに、冷静な動きで、あっという間にピンチを切り抜けた。

 岡田の今季打率は1割8分6厘と低い。打席では3回無死一、三塁から遊撃ゴロで先制機を逃した。だが、守備力を買われて35試合に出場する。6回の併殺は、持ち味が存分に発揮された場面だった。【斎藤直樹】