<プロ野球>◇5日◇横浜ほか

【セ・リーグ】

◆広島継投で逃げ切り薮田10勝 DeNA井納6敗目

<DeNA4−7広島>◇5日◇横浜

 DeNA先発は井納、広島は薮田。広島は1回、丸の適時二塁打で先制。DeNAはその裏、打者9人を送り3点。

 広島は5回、新井の適時打、西川の犠飛でリードに成功。6回は田中が4号ソロも、その裏バッテリーミスが続き1点差に。

 広島が逃げ切り、DeNAとの今季対戦成績を8勝8敗の五分に戻した。広島薮田は10勝目で、チーム2ケタ勝利一番乗り。DeNA井納は6敗目。

◆阪神完封リレーで松田今季初勝利 ヤクルト小川5敗

<阪神4−0ヤクルト>◇5日◇京セラドーム大阪

 阪神は初回に福留の11号ソロで先制点を挙げる。2回にも坂本の二ゴロの間に追加点。ヤクルトは2回に好機をつくるも無得点。

 阪神は5回1死一、二塁でロジャースがライトへ2点二塁打を放ち、追加点を挙げた。ヤクルト打線は阪神救援陣の前に無得点。

 ヤクルトが阪神投手陣の前に無得点に終わり0封負け。3回途中からリリーフした阪神松田が今季初勝利。ヤクルト小川は5敗目。

◆巨人1発攻勢で連敗ストップ 中日小笠原は6敗目

<巨人8−2中日>◇5日◇東京ドーム

 中日は2回に藤井の適時二塁打で先制。巨人はその裏、長野が同点ソロ。3回に坂本勇の適時二塁打と阿部の3ランで勝ち越した。

 巨人は4回1死一、二塁、陽岱鋼の3試合連続本塁打となる8号3ランで加点。中日先発の小笠原を4回途中8失点でKOした。

 巨人は6試合連続3本塁打以上のプロ野球新記録を達成し、連敗を2でストップ。菅野は5連勝でリーグトップの12勝目を挙げた。中日小笠原は6敗目。

【パ・リーグ】

◆楽天アマダー2発!ロッテ3連敗…涌井8敗目

<楽天8−5ロッテ>◇5日◇Koboパーク宮城

 ロッテは初回に先頭加藤の3号ソロで先制。楽天はその裏、茂木が14号先頭打者弾、3回にアマダーの16号2ランで2点差とした。

 楽天は5回にアマダーが2打席連続の17号2ランで追加点を挙げた。先発美馬は6回まで1失点。ロッテは涌井からチェンに継投。

 楽天が1点差に迫られながらも、継投で辛勝した。先発美馬が、自己最多タイの9勝目。敗れたロッテは3連敗となった。涌井は8敗。

◆ソフトバンク10回松田V打 西武連勝13で止まる

<西武7−8ソフトバンク>◇5日◇メットライフドーム

 両軍の先発投手が順調な立ち上がり。西武多和田は3回まで1安打無失点。ソフトバンク千賀も3回まで1安打無失点に抑えた。

 ソフトバンクは4回に中村晃の適時二塁打、上林の適時打などで4点を先制。西武は6回に秋山の20号ソロで1点を返した。

 西武は4点を追う9回に打線がつながり同点とした。だが、延長10回にソフトバンクが松田の適時打で勝ち越し、西武の連勝は13で止まった。

 ソフトバンク・サファテが2勝目。モイネロが初セーブ。西武増田4敗目。

◆オリックス・ロメロV弾、日本ハム宮西4敗目

<日本ハム4−6オリックス>◇5日◇札幌ドーム

 オリックスは3回、T−岡田の21号2ランと吉田正の5号ソロで3点先制。日本ハムはその裏、松本の適時打で1点を返した。

 日本ハムは2点を追う5回、松本の適時打とレアードの24号2ランで逆転。先発上沢は中盤で粘り、追加点を許さなかった。

 オリックスは7回に同点に追いつき、ロメロが決勝20号2ランを放った。3番手の大山がプロ初勝利。ヘルメンは初セーブ。日本ハムは救援陣が崩れた。宮西が4敗目。