<巨人6−1阪神>◇8日◇東京ドーム

 2年目の巨人宇佐見真吾捕手(24)が、1軍初昇格の日に初打席初安打を放ちアピールした。

 8回2死走者なしから代打で出場。左打席で阪神藤川と向かい合った。フルカウントから内角高めの直球を振り抜くと、しぶといライナーが中前で弾んだ。

 攻撃を終えてベンチへ戻ると、阿部やマギーらから祝福の嵐を受けた。

 「うれしいです。真っすぐに負けないことだけを意識していきました。詰まった当たりでしたが、振り抜いた分だけヒットになったのかなと思います。阿部さんからはナイスバッティングと言っていただきました。ボールは実家に送ります」と振り返った。