<オリックス4−8西武>◇9日◇京セラドーム大阪

 西武武隈祥太投手(27)が、絶体絶命のピンチを切り抜け4勝目を挙げた。

 4−1から4−4と同点に追いつかれた4回2死満塁で、先発岡本の後を継いで登板した。打者の1番T−岡田に初球から3連続ボール。

 「あきらめました」と笑わせた後に「あきらめないで頑張ろうと思いました。縮こまって投げるよりはビャッと。狙っても狙ったところに行かないカウントなので気持ちで投げた」。

 思い切り腕を振って投じた直球は、高めに外れたかと思いきや、ファールとなった。5球目の直球は、真ん中付近に行ったが、見逃しでストライク。最後はボールゾーンへ逃げていくスライダーで空振り三振を奪った。

 ピンチを切り抜けると、5回に打線が3点を奪って勝ち越し。4勝目が転がり込んできた。「ありがとうバッター」と照れた。

 辻監督は「武隈が見事だった。首振ってスライダー。ようあそこで抑えた。4勝目でしょ。ごほうびだ」と絶賛していた。【斎藤直樹】