<中日−広島>◇10日◇ナゴヤドーム

 中日は八木が序盤で崩れたが、打線が盛り返した。

 2点を先制された初回の攻撃で、ゲレーロの左前打で1点を返した。1−5とされた2回は代打遠藤の右前打と、京田の併殺崩れの間に2点。3回は福田の中前打で1点。4−5と試合を立て直した。

 ゲレーロが「先に点を取られたあとだったので1点返せてよかった」と語った。遠藤が「点差もあったので、後ろにつなぐという気持ちだった」、福田も「後ろにつなぐ意識で打った」と口をそろえた。